箱根美術館
?評価について

箱根美術館
四季折々の美しい庭と
東洋美術に出合う

箱根美術館は箱根に点在する美術館の中で最も古く、1952年に開館しました。今の常設展示は鎌倉・室町時代に製作された力強く重厚な六古六古窯の壺やカメが中心です。そのほかには縄文時代の土器から江戸時代の陶器まで日本のやきものを展示しています。

今回は、箱根美術館の見どころや特徴をご紹介しましょう。

01. 美術館独自の
特徴と魅力

歴史ある美術館には展示品のほかにも文化的価値の高いものが数多くあります。ここでは、箱根美術館独自の特徴や魅力をご紹介しましょう。

別荘地と公園跡地に造られた美術館

箱根美術館

神仙郷

箱根美術館は神仙郷という複数の美しい庭園が組み合わさった場所に建てられています。神仙郷は、1944年に創立者である岡田茂吉氏が藤山雷太氏他の別荘地と強羅公園のうち和風庭園部分を買収。自ら設計して再整備した庭園です。広大な敷地に本館と別館、茶室などが点在しています。

美術館の歩み

箱根美術館の創立者である岡田茂吉氏は、戦後すぐに東洋美術品の蒐集につとめ、海外への流出を防ぎました。その収集品は、絵画・書跡・工芸・彫刻・焼き物まで多岐にわたります。現在、箱根美術館では埴輪から壺、カメなどの「焼き物」と、MOA岡田茂吉賞を受賞した現代作家の作品が展示の中心です。それ以外の美術品は姉妹館である静岡県熱海市のMOA美術館に展示されています。MOA美術館は2017年にリニューアルオープンの予定です。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所