箱根ガラスの森美術館
?評価について

箱根ガラスの森美術館
美しいガラスコレクションと
きらめく庭園の魅力

箱根ガラスの森美術館は、15世紀から19世紀までのヴェネチアン・グラスを中心としたガラス工芸品を展示している仙石原にある美術館です。また、カフェやミュージアムショップも併設されているので、食事や買い物も楽しめます。今回は箱根ガラスの森美術館の魅力や楽しみ方についてご紹介しましょう。ガラス工芸品以外にも見どころがたくさんあります。

01. 見どころ満載
博物館の魅力

箱根ガラスの森美術館は単にヴェネチアン・グラスを見学するだけでなく、買い物や食事も楽しめる滞在型美術館です。ここでは、その魅力や特徴をご紹介します。

ヴェネチアを意識した造り

エントランス(箱根ガラスの森美術館)

エントランス

箱根ガラスの森美術館は、展示品であるヴェネチアン・グラスのイメージに合わせてイタリアのヴェネチアを意識した造りになっています。口コミサイトなどでは、「まるで童話の世界に入りこんだみたい」「実際にイタリアに行ったような気分になれる」といった意見もあり。庭園も美しく整えられていて、草花とガラスのオブジェのコラボレーションも楽しめます。

何度も訪れたくなる滞在型美術館

箱根ガラスの森美術館にはカフェレストランやミュージアムショップ、ガラスの体験工房などが併設されており、1日楽しめるようになっています。午前中は展示品を見学してカフェでランチ、午後はショッピングやガラスの体験工房を楽しむといったプランも組み立てられるでしょう。また、美術館では定期的にコンサートや企画展も開催されます。日程はホームページから確認できますので、それに合わせて足を運んでみるのもおすすめです。

02. 見逃せない
おすすめスポット

箱根ガラスの森美術館は見どころがたくさんあります。ここでは、特におすすめのスポットをご紹介しましょう。

ヴェネチアン・グラス美術館

ヴェネチアン・グラス美術館は、15世紀から18世紀までのヴェネチアン・グラスを展示しています。この時代、ヴェネチアン・グラスは円熟期を迎え、繊細で華麗な新しい技法が次々に生まれました。その技術を駆使して作られた工芸品は、ヨーロッパ中の貴族を熱狂させたと伝えられています。その美しさを堪能してください。

面白い作品も豊富 現代ガラス美術館

現代ガラス美術館では、19世紀以降のヴェネチアン・グラスが展示されています。近代になると、ヴェネチアン・グラスはガラスの無限の可能性を追求し、いろいろな実験的な作品も誕生しました。画家のパブロ・ピカソとガラス彫刻クリエイター・エジディオ・コスタンチーニ氏が共作した作品も展示されています。また、美しいだけでなくユーモラスな作品も数多く、見る人を飽きさせません。

ガラスの体験工房で作品作り

ガラスの体験工房では、ガラス製品にお好みの絵柄を彫るサンドブラスト体験やオリジナルのアクセサリーを作るフュージング体験ができます。お時間のある方は、ぜひ世界にただひとつのオリジナルのガラス作品を作ってみてください。難しい工程はスタッフが行ってくれますので、初めての方でもステキな作品が作れます。

品ぞろえ豊富 ミュージアムショップ

箱根ガラスの森美術館のミュージアムショップには、約十万点のガラス製品が販売されています。時間をかけてお気に入りの逸品を選んでみてください。また、もうひとつのミュージアムショップ「森の水車小屋 アチェロ」はメープルシロップやジャム・チョコレートを販売しています。オリジナルの豆菓子も取り扱っていますので、お土産にいかがでしょうか?

季節の花と野外展示が楽しめる庭園

あじさい庭園(箱根ガラスの森美術館)

あじさい庭園内

箱根ガラスの森美術館の庭園にはバラやあじさいといった花々が植えられ、野外展示作品や光の回廊が設置されています。自然とガラスオブジェとのコラボレーションは季節ごとに違った美しさが見られるということで、何度も足を運ぶ方もいるとか。美術館の庭園は紅葉の穴場的なスポットでもあります。紅葉の季節はライトアップも行われるので、デートコースにもおすすめです。

クリスタル・ガラスオブジェの魅力

光の回廊(箱根ガラスの森美術館)

光の回廊

庭園にはクリスタルガラスのアーチ 光の回廊をはじめとする、ガラスのオブジェが複数設置されています。ひとつづつ丁寧にカットされたクリスタルガラスを組み合わせて作ったオブジェが日の光に輝く様子は、まさに天然のシャンデリアです。オブジェには通年で設置されているものと、期間限定のものがあります。設置時期はホームページから確認できますので、チェックを忘れずに。

演奏も楽しめるカフェ・レストラン

箱根ガラスの森美術館には、美しい庭園を眺めながランチやティータイムを楽しめるカフェ・レストランが併設されています。テラス席も設置されていますので、気候のよい時期は自然を満喫しながらお茶や食事を楽しむのもおすすめです。また、本場イタリア人歌手によるカンツォーネの生演奏が1日6回行われます。美しい歌や演奏に耳を傾けていると、イタリアにいるような気分になれるでしょう。

03. 箱根ガラスの森美術館
まとめ

いかがでしたか?今回は箱根ガラスの森美術館の魅力や楽しみ方をご紹介しました。展示品の見学・ショッピング・食事・工房体験と、これほど多彩な楽しみ方ができる美術館もめったにありません。ぜひ1日時間を取って訪れてみてください。

04. 箱根ガラスの森美術館
アクセス情報

住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48
電話番号:0460-86-3111
営業時間:9~17時30分(入館は17時まで)
定休日:無休
入場料:大人1500円 大高生1100円 小中学生650円
駐車場:あり 
交通情報:箱根湯本駅から箱根登山バス「湖尻桃源台行」乗車、箱根ガラスの森下車すぐ
公式サイトhttp://www.ciao3.com/top.htm

箱根ガラスの森美術館

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所