起雲閣(熱海)
?評価について

熱海 起雲閣
文豪たちに愛された
熱海三大別荘の一つ

起雲閣は1919年(大正8年)に熱海に築かれた、実業家根津嘉一郎・鉄道大臣内田信也の別邸が基になった建物です。豪華な造りで、現在は非公開の岩崎別荘・取り壊されてしまった住友邸と並び熱海の三大別荘と呼ばれました。

1947年(昭和22年)に別荘から旅館に生まれ変わります。それからは、山本有三・志賀直哉・谷崎潤一郎、・宰治などの文豪達に愛された宿として有名になりました。2000年(平成12年)からは熱海市が所有し、熱海市指定有形文化財として一般公開しています。

今回は、起雲閣の魅力や見どころをご紹介しましょう。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所