熱海トリックアート迷宮館
?評価について

熱海トリックアート迷宮館
見て・触って・撮ってが楽しめる
美術館

熱海市の熱海城敷地内にあるトリックアート迷宮館は、目の錯覚を利用したトリックアートを楽しめる美術館です。館内には約50点のアートが展示され、見るだけでなく触ったり写真を撮ったりして楽しめます。敷地内の熱海城との共通入場券が販売されていて、両方の施設を巡れば1日中楽しめる場所です。

今回は、トリックアート迷宮間の魅力や見どころをご紹介します。

01. 展示品を
五感で楽しむ

熱海トリックアート迷宮館

彫刻のように見えますが・・・

トリックアートとは、立体的に見えるように工夫して描かれた平面画のことです。迷宮館ではトリックアートが多数展示されていて、見るだけでなく触ったり写真を撮ったりできます。特に写真撮影は、自分が絵の一部になったかのような面白いものが撮れると好評です。

熱海トリックアート迷宮館

壁と床に描かれた絵が立体的に

どれだけ臨場感あふれる写真を撮れるか、いろいろ工夫してみると時間を忘れて楽しめます。トリックアートの他、目の錯覚を利用した自分が大きくなったり逆に小さくなったように感じられる部屋などがあり、子どもだけでなく大人も大いに盛り上がれる場所です。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所