?評価について

清閑亭(旧黒田長成邸)
茶室建築の意匠を取り入れた
風雅な建物

清閑亭(旧黒田長成邸)は、旧小田原城三の丸外郭土塁の南向き傾斜地に建つ黒田長成(ながしげ)侯爵の別邸です。黒田侯爵は明治時代に活躍した政治家であると同時に、優れた文化人でもありました。彼は、小田原の他にも福岡市・小田原市・沼津市にそれぞれ別邸を残していますが、現在残っているのは清閑亭だけです。

今回は、そんな清閑亭の魅力や見どころをご紹介します。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所