池田20世紀美術館
?評価について

池田20世紀美術館
日本初の本格的現代美術館で
絵画や彫刻に親しむ

池田20世紀美術館は1975年、伊豆高原に開館した日本初の本格的現代美術館です。20世紀に制作された絵画や彫刻のうち、人間をテーマにしたものを中心に約1,400点を収蔵しています。収蔵品の大半は、(株)ニチレキの創立者である池田英一氏が寄贈したものです。

今回は、池田20世紀美術館の魅力や代表的な収蔵作品、アクセス方法・入館料・駐車場の有無などをご紹介しましょう。

01. 巨匠の作品を
常設展示

池田20世紀美術館

敷地内には20世紀の作家の作品が設置されている

池田20世紀美術館では、ピカソ・シャガール・ルノワール・ダリなどの20世紀を代表する芸術家の作品を常設展示しています。これだけたくさんの巨匠の作品を常時展示している美術館はごくわずかです。印象派の画家、ルノワール作の彫像『ビーナスの立像』のように珍しい作品(現存しているルノワールの作品はほとんどが絵画)もあります。

常設展示作品の一覧は公式サイトに掲載されているので、訪れる前にチェックしておいてもよいですね。事前に連絡すれば、館員が展示作品の解説を行ってくれます。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所