池波正太郎記念文庫
?評価について

浅草 池波正太郎記念文庫
直筆原稿や愛用品が展示される
ファン必見の資料館

浅草にある池波正太郎記念文庫は、作家、池波正太郎氏の直筆原稿や直筆原稿や愛用品・直筆絵画・江戸時代の資料などを展示している資料館です。記念文庫は台東区立中央図書館内にあり、無料で見学できます。池波正太郎氏の作品以外にも、日本の時代小説が約3,000冊常時展示されており、館内で自由に閲覧可能です。

この記事では、池波正太郎記念文庫の見どころや魅力・アクセス方法などをご紹介しましょう。

01. 作家、
池波正太郎の軌跡

池波正太郎氏は、戦後すぐから昭和の終わりまで活躍した時代劇作家で、鬼平犯科帳や剣客商売など優れた時代小説を多数世に送り出した人物です。氏は美食家としても知られており、食をテーマにしたエッセイもたくさん執筆しています。

氏が残した作品の中でも、鬼平犯科帳は特に有名です。何度もドラマ化や映画化が行われ、2013年には、東北自動車道羽生パーキングエリア上り線内にテーマパークもオープンしました。

氏の作品は死後25年以上たった今でも色あせることなく、現在もメディアミックスが盛んに行われています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所