毘沙門堂門跡
?評価について

京都 毘沙門堂門跡
動くふすま絵で知られる
桜と紅葉が美しい寺院

毘沙門堂門跡は、京都市山科区にある天台宗の寺院です。門跡とは皇族やそれに次ぐ貴族が住職を務めてきた寺院のことで、毘沙門堂門跡は天台宗京都五門跡の一つに数えられています。天台宗の開祖である最澄作と伝わる毘沙門天が本尊になっていることから、毘沙門堂という名が付きました。山科屈指の紅葉と桜の名所としても人気のスポットです。

この記事では、毘沙門堂門跡の魅力や見どころ・アクセス方法・拝観料などをご紹介します。

01. 毘沙門堂門跡
の歩み

参道(毘沙門堂門跡)

参道の青もみじ

毘沙門堂門跡の歴史は古く、703年に文武天皇直々の願いによって行基(ぎょうき)が開山したと伝えられています。開山当時は出雲寺(いずもじ)という名前で、京都市の上京区辺りに位置していました。

平安時代末期になると出雲寺は荒廃し、鎌倉時代初期に平親範(たいらのちかのり)が、平家ゆかりの平等寺・尊重寺・護法寺と併せる形で再建します。しかし、この寺院も室町末期には荒廃してしまいました。

江戸時代初期、家康の側近である僧、天海とその弟子の公海によって現在地に移転され、もう一度再興されます。

1655年には、公弁法親王(こうべんほっしんのう)がこの寺院で受戒(出家すること)しました。親王は晩年もこの寺院で過ごし、これ以降寺院は門跡になります。明治時代を迎えるまでは門跡寺院として大いに栄えました。

現在は紅葉と桜の名所として人気を集めており、シーズンになると多くの観光客が訪れます。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所