楽寿園(三島観光)
?評価について

三島 楽寿園
水の都三島を代表する
緑豊かな市立公園

楽寿園は、三島市を代表する自然公園で、2万坪以上の面積にさまざまな施設がつくられています。もともとこの地は浅間神社・広瀬神社の社領だったエリアです。明治時代に小松宮彰仁親王(こまつのみや あきひとしんのう)の別荘となった後、何人かの人手に渡り、最終的に三島市が買い取って公園として整備しました。景勝地としても名高く、1952年(昭和29年)には国の天然記念物及び名勝に指定されています。2012年(平成24年)には、伊豆半島ジオパークのジオサイトにも登録されました。

この記事では、楽寿園の魅力や見どころからアクセス方法・入園料などご紹介します。

01. 清水と緑が
作り出す景勝

水辺の緑(楽寿園)

美しい水辺の緑

楽寿園は小松宮彰仁親王の別荘だったころの面影をよく残しています。庭園のような美しさで樹木や岩が配置されており、大人が散策するにもおすすめの公園です。

満水時の小浜池(楽寿園)

満水時の小浜池

敷地内南側に位置する小浜池は富士山の湧き水が作り出す池で、季節によって水位が変化することでも知られています。池の水量が最も増えるのは秋で、その頃に見ることのできる紅葉と清水の組み合わせは実に見事なものです。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所