東寺 教王護国寺(京都)
?評価について

京都 東寺
日本一の五重塔が出迎える
世界遺産の寺院

京都駅から歩いてすぐの東寺は、正式名称を教王護国寺といい、京都を代表する人気観光スポットの一つです。京都のシンボル的存在である五重塔があり、桜や紅葉の名所としても知られています。

この記事では、そんな東寺の歴史や見どころスポット・主な行事などをまとめてご紹介しましょう。毎月21日に行われている弘法市をはじめ、イベント情報についても解説しています。

この記事を読むことで、東寺の魅力・見どころポイントがわかり、東寺観光をさらに楽しめるようになります。

01. 東寺の建立・荒廃と
再建の歴史

五重塔で有名な東寺には、どのような歴史があるのでしょうか? 建立から現在までの主なエピソードをご紹介します。

平安遷都とともに建立された官寺

東寺は、唯一残る平安京の遺構です。1200年近く前に、平安遷都とともに国立の寺院として建てられました。同時期に西寺も建立されていたと伝えられていますが、西寺は律令体制が衰退するなかで衰亡し、東寺だけが残っています。

東寺の荒廃

平安時代が終わりに近づくにつれて、朝廷の財源も失われるとともに東寺の姿も朽ち果てていきました。空海に帰依する文覚(もんがく)上人が東寺の再興に動きましたが、東寺は何度も戦乱に巻き込まれます。山城国一揆で伽藍が焼失し、その後100年、再建されることはありませんでした。

再建、そして未来への扉が開く

荒廃と再興を繰り返してきた東寺は、100年以上という長い歴史をかけて現在の形となります。1603年に豊臣秀頼によって復興が実現し、ほとんど元の姿を取り戻しました。その後、五重塔が落雷によって焼失しますのが、徳川家光が五重塔を寄進。1965年には、社会の要望によって、固く閉ざされていた金堂・講堂の扉が開かれました。

1994年に世界遺産として登録

1994年、世界遺産条約により、古都京都の文化財としてユネスコ世界文化遺産に登録されました。多数の国宝・重文を有することから、歴史的・文化的価値があると判断されたのです。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所