新薬師寺
?評価について

奈良 新薬師寺
国宝の十二神将が鎮座する
こぢんまりとした寺院

昔は大寺院だった
新薬師寺の歴史

境内(新薬師寺)

境内

新薬師寺の創建は8世紀頃であるということはわかっているものの、創建者や由来は諸説あってはっきりとは分かっていません。寺伝によると光明皇后が聖武天皇の病気平癒(病が治ること)を祈願して建立したということです。しかし、一方では聖武天皇が光明皇后の病気平癒を願って建立したという説もあります。

創建当初、新薬師寺は金堂や東塔・西塔などの七代伽藍を備えた大寺院でした。奈良時代には南都十大寺の一つにも数えられています。本尊は七体の薬師如来で、通称七物薬師と呼ばれるものです。脇侍の日光・月光菩薩も七体ずつ作られ、これに十二神将が加わって計23体もの仏像が本堂に安置されました。

しかし、780年、落雷によって西塔が炎上。962年には台風の影響で金堂を始めとする大部分の堂宇が倒壊します。現在の本堂は奈良時代に造られたものですが、元は僧侶たちが修行をする食堂(じきどう)であったと推測されてます。

度重なる自然災害ですっかり衰退してしまった新薬師寺ですが、鎌倉時代に華厳宗中興の祖といわれる明恵上人(みょうえじょうにん)の入寺によって再興されました。本堂以外の堂宇は、すべて鎌倉時代に再興されたものです。

江戸時代には薬師如来信仰が盛んになり、祈祷所として多くの方々が参拝するようになりました。現在では、国宝の十二神将が一度に見学できる寺院として広く知られています。

歴史ある
新薬師寺の魅力

新薬師寺の境内は決して広くはありませんが、境内の建物はすべて国宝か重要文化財に指定されています。この項では、そんな新薬師寺の魅力をご紹介しましょう。

国宝の仏像群

新薬師寺の本堂内には、本尊の薬師如来坐像と十二神将像が安置されています。どちらも国宝に指定されており、仏像好きは必見です。

薬師如来坐像は奈良時代から平安時代初期にかけて作られました。寄木作りであるものの胴体と頭・手足は同じカヤノキから作られているため、一本の木材から彫り出されたようにも見えます。光背部分には6体の小仏が彫られており、本尊と併せて七薬師仏です。1975年(昭和50年)の調査で、仏像の胎内から平安初期の法華経が発見されました。こちらも現在は国宝に指定されています。

十二神将とは、薬師如来を守る武将で十二の方角と十二支の守り神でもある仏様のことです。木の骨組みに縄を巻き付け粘土で形を作る塑像という作成方法で作られています。塑像は奈良時代に盛んに作られましたが、現存しているものはごくわずかです。かつては極彩色に着色されており、現在でもその色彩の一部が像に残っています。

ちなみに、現在使われている500円切手のデザインは、十二神将の1人、迷企羅(めきら)大将像です。この迷企羅(めきら)は国によってつけられた名前であり、寺院では伐折羅(ばさら)大将像と呼ばれています。

境内の石仏群

境内の石仏(新薬師寺)

境内の石仏

境内の一隅には、奈良時代から鎌倉時代にかけて作られた石仏群が安置されています。摩耗が激しく表情が分からなくなった石仏もありますが、地蔵菩薩や十一面観音像・毘沙門天像など種類も豊富です。柵や金網などはなく、身近で歴史的な価値も高い石仏を見学することができます。手塚治虫の代表作、『火の鳥・鳳凰編』のラストシーンにもこの石仏群の描写が使われているので、ファンの方にもおすすめの場所です。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所