愛宕念仏寺
?評価について

京都 愛宕念仏寺
千二百体の羅漢像で知られる
嵯峨野めぐりの始発点

愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)は京都嵯峨野に位置する天台宗の仏教寺院です。境内に千二百体もの羅漢像を安置していることで知られています。嵯峨野めぐりの出発点としても人気で、境内は野趣あふれ四季折々に異なる美しさが楽しめます。

この記事では、愛宕念仏寺の魅力や見どころ・アクセス方法をご紹介しましょう。

01. 何ども再興した
愛宕念仏寺の歴史

境内(愛宕念仏寺)

愛宕念仏寺の境内

愛宕念仏寺は、奈良時代末期にあたる8世紀初頭に称徳天皇(しょうとくてんのう)の命によって建立されたと伝えられています。最初に建立された寺院はすぐに荒廃し、平安初期には鴨川の増水によって建物があらかた流されてしまいました。

醍醐天皇は、この廃寺寸前の寺院を伝燈大法師(でんとうだいほうし)に復興するように命じます。法師が常に念仏を唱えて回っていたことから、復興された寺院は愛宕念仏寺と名付けられました。この時、寺院には七堂伽藍が建立されて勅願寺(天皇の命令で建立された寺院)の体裁が整いますが、またすぐに荒廃してしまいます。

その後、寺院は荒廃を繰り返し、ようやく寺院として活動できる程度に復興したのは1955年(昭和30年)のことです。復興を指揮した西村公朝氏は、僧侶兼仏師として全国を飛び回りながら寺院の整備に尽力しました。1981年には参拝者が自ら羅漢(らかん)を彫って奉納する昭和の羅漢彫りが始まり、現在は千二百体以上の羅漢が境内に安置されています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所