八丁池
?評価について

八丁池
天城の瞳と呼ばれる
ハイカーの休憩スポット

八丁池は、天城(天城連山)の西陵にある池です。かつては、天城火口にできた火口湖と考えられていました。しかし、調査の結果、現在では断層の切れ目に水がたまってできた池とされています。池の周囲が八丁(約870m)ほどあることから、この名がつきました(実際は560mほど)。八丁池は標高が1,125mあり、モリアオガエルの生息場所としても知られています。

今回は、八丁池の魅力や見どころをご紹介しましょう。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所