元興寺
?評価について

奈良 元興寺
浄土曼陀羅を本尊として祀る
世界遺産登録の寺院

飛鳥時代から続く
元興寺の歴史

境内(元興寺)

元興寺境内(禅室の前に広がる浮図田)

588年、蘇我馬子が飛鳥の地に建てた日本最古の寺院、法興寺が元興寺のはじまりです。710年の平城遣都に伴い奈良へ移され、元興寺と名付けられました。奈良時代には隆盛を極め、東大寺や興福寺に匹敵する広大な敷地を誇っていましたが、平安時代の中頃から段々と衰えていきます。

平安時代後半、僧坊の一室に祀っていた浄土曼陀羅が広く信仰の対象となると、再び多くの人々が訪れるようになりました。しかし、1451年と1859年の大きな火事で建物の一部が焼失し、古くからの建物は極楽坊の本堂と禅室だけになります。

明治時代にはいっそう荒廃しますが、1943年(昭和18年)に建物の解体修理と境内の整備が行われ、1998年(平成10年)には、古都奈良の文化財の一部として世界文化遺産に登録されました。

歴史ある
元興寺の魅力

元興寺は2つの国宝の建物を有する歴史ある寺院です。この項では、そんな寺院の魅力をご紹介しましょう。

現存する1400年前の瓦

行基瓦(元興寺)

行基葺(ぎょうきぶき)の屋根

現在は隣り合う本堂と禅室は、かつて僧坊と呼ばれるひとつの建物で、僧侶たちが生活をする場でした。今でもこの本堂と禅室の屋根には一部分に飛鳥時代の古式瓦が使われ、丸瓦と平瓦が重なり合うように葺かれた行基葺(ぎょうきぶき)と呼ばれる独特の並べ方がされています。中でも、法興寺から運ばれてきた瓦は赤みを帯びた色調のものが多いので、屋根を見上げながら古式瓦を探してみるのも楽しいでしょう。

浮図田のお地蔵様

浮図田(元興寺)

浮図田(ふとでん)

浮図田(ふとでん)は、2,500基ものお地蔵様や石塔(総称して浮図)を寺内や地域周辺から集め、田んぼの稲のように並べたことから、この名が付きました。境内の南西に位置し、当時は供養塔として浄土往生を願っていたということです。

地蔵会万燈供養(元興寺)

地蔵会万燈供養

現在も毎年8月下旬に地蔵会万燈供養が行われ、多くの人がお地蔵様に家内安全や無病息災を祈っています。日が落ちると何百もの燈明皿に火が灯され、灯りが揺らめく様子は幻想的です。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所