元興寺
?評価について

奈良 元興寺
浄土曼陀羅を本尊として祀る
世界遺産登録の寺院

元興寺(がんごうじ)は、奈良公園内にある真言律宗(しんごんりっしゅう)の寺院です。日本最古の寺である法興寺(今の飛鳥寺)がその前身で、飛鳥時代より続く重要な歴史価値が評価され、世界文化遺産として登録されました。加えて、極楽堂本堂と禅室は国宝に、東門は重要文化財に指定されるなど、まさに文化財の宝庫です。また、花のお寺とも呼ばれ、桔梗や萩など、四季を通して美しい花の散策も楽しめます。現在、奈良市内に元興寺というお寺は2つありますが、世界遺産に登録されている元興寺は、奈良市中院町にある方です。

この記事では、元興寺の魅力や見どころ・歴史・アクセス方法・拝観料などをご紹介しましょう。

01. 飛鳥時代から続く
元興寺の歴史

境内(元興寺)

元興寺境内(禅室の前に広がる浮図田)

588年、蘇我馬子が飛鳥の地に建てた日本最古の寺院、法興寺が元興寺のはじまりです。710年の平城遣都に伴い奈良へ移され、元興寺と名付けられました。奈良時代には隆盛を極め、東大寺や興福寺に匹敵する広大な敷地を誇っていましたが、平安時代の中頃から段々と衰えていきます。

平安時代後半、僧坊の一室に祀っていた浄土曼陀羅が広く信仰の対象となると、再び多くの人々が訪れるようになりました。しかし、1451年と1859年の大きな火事で建物の一部が焼失し、古くからの建物は極楽坊の本堂と禅室だけになります。

明治時代にはいっそう荒廃しますが、1943年(昭和18年)に建物の解体修理と境内の整備が行われ、1998年(平成10年)には、古都奈良の文化財の一部として世界文化遺産に登録されました。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所