三社祭(浅草神社)
?評価について

浅草 三社祭
三基のお神輿が町を練り歩く
東京を代表するお祭り

三社祭は東京を代表するお祭りで、毎年5月に浅草の浅草神社で開催されます。毎年100万人以上の人出が見込まれており、三基のお神輿が街中を練り歩くことで有名です。伝統芸能の奉納なども行われ、お神輿行列の他にも見どころがたくさんあります。

この記事では、三社祭の歴史や見どころ・開催時期などをご紹介しましょう。

01. 700年以上続く
三社祭の歴史

勇壮に練り歩くお神輿(三社祭)

勇壮に練り歩くお神輿

三社祭は、1312年から始まった700年以上の歴史があるお祭りです。祭りの名は、浅草神社が土師真中知(はじのあたいなかとも)・檜前浜成(ひのくまはまなり)・武成(たけなり)という3柱の神様を祀っていることに由来しています。

江戸時代までは浅草寺と合同で1年おきに行われるお祭りで、観音祭や浅草祭と呼ばれていました。祭りは今よりも華やかに行われ、神輿の他に山車も繰り出されていたといいます。

明治になり神仏分離令が発布されると三社祭も浅草神社だけで行われるようになり、神事の数も減ってしまいました。

2000年代に入ると、江戸時代に行われていた示現会(しげんえ)や御船渡が復活します。開催時期時代とともに変わっていき、かつては必ず5月17・18日でしたが、現在は17・18日に近い金曜日から開催されるようになりました。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所