三島スカイウォーク(三島観光)
?評価について

三島スカイウォーク
日本最長の歩行者専用橋で
絶景を望む

三島市にある三島スカイウォークは、正式名称を「箱根西麓・三島大橋」といい、2015年にオープンしたばかりの新しい観光スポットです。全長400mもある日本最長の歩行者専用橋で、晴れていれば三島市・沼津市の市街地や駿河湾・伊豆半島の天城連山などが一望できます。ショッピングやグルメが楽しめるスカイガーデンという施設も併設されており、景色以外にも楽しめるポイントが豊富です。

この記事では、三島スカイウォークの魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 橋や展望台から
絶景が望める

日本一長いつり橋(三島スカイウォーク)

歩行者専用として日本一長いつり橋

三島スカイウォークは、高さ70.6メートル・全長400mの巨大なつり橋です。歩行者専用としては日本一長く、歩きながら周囲の絶景を楽しめるスポットです。晴れていれば、三島市街や隣の沼津市・富士山を望むことができ、冬など空気が澄んでいる時期には伊豆半島や天城連山までをも見渡すことができます。

伊豆半島や天城連山までを見渡すことができる(三島スカイウォーク)

伊豆半島や天城連山までを見渡すことができる

つり橋の周囲にも展望台が整備されており、ここからは海や市街地だけでなくつり橋の全景を眺めることが可能です。展望台は複数あるので、いろいろな角度から橋を見てみるのも面白いですよ。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所