ポーラ美術館
?評価について

ポーラ美術館
印象派の名画と森の遊歩道、
自然と調和した美術館

ポーラ美術館は、ポーラ化粧品で有名なポーラ・オルビスグループのオーナーだった鈴木常司氏が収集した美術品を展示するために箱根町仙石原に開館した美術館です。展示品は19世紀以降の西洋絵画および近代日本絵画の他、陶磁器やガラスなどの工芸品・化粧道具のコレクションなど。

今回は、美術館の魅力や見どころをご紹介します。

01. 他では見られない!
美術館の特徴

ポーラ美術館

エントランス

ポーラ美術館には世界的にも珍しいコレクションが展示されています。ここでは、ポーラ美術館独自の魅力や特徴についてご紹介しましょう。

世界的にも珍しいコレクション

ポーラ美術館には、世界的にも珍しい化粧道具のコレクションが展示されています。化粧道具には時代や地域の風俗や美意識が色濃く反映しているとか。展示品を見れば、時代や地域によっていろいろな風俗や美の価値観があったことが分かります。

自然や景観に配慮した造り

ポーラ美術館

自然の中を歩ける遊歩道も

ポーラ美術館は、建物の主要部分が地下に造られています。これは景観や自然に配慮しているためです。2013年には富士箱根伊豆国立公園内の自然の中を散策できる遊歩道がオープンし、より自然に親しめる美術館になりました。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所