さがの人形の家
?評価について

さがの人形の家
20万点以上の人形を収蔵する
古人形専門の博物館

さがの人形の家は、嵯峨野にある江戸期から昭和初期までの古人形専門の博物館です。20万点以上の収蔵品のうち、3,845点が登録有形民俗文化財の指定を受けています。収蔵・展示されている人形は嵯峨人形や御所人形の他、からくり人形や全国の郷土人形など種類が豊富です。

今回は、嵯峨の人形の家の魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 様々な種類の
人形を見る

一口に人形といっても、作られた場所や時代、目的によってさまざまな種類があります。人形の家は美しい物から素朴な物までいろいろな人形が展示され、日本の人形文化の奥深さを感じられる場所です。特に、京都の郷土人形は地域によって形がだいぶ異なり、豊かな人形文化が花開いていたことが分かります。

からくり人形は日本の技術のすばらしさが分かる人気の展示品です。展示品のからくり人形の中には見るだけでなく、実際に動かしてみて仕組みを学べる物もあります。

02. 珍しい人形に
注目してみる

展示品の中には、小さな芥子人形・豆人形や箱庭という人物や動物以外の作り物など珍しい物があります。特に、顔や手に象牙を使った象牙人形や絹糸を本物の動物の体毛のように植えこんだ植毛人形などは、他では中々見られません。

展示品は、定期的に入れ替えられるのでいつでも見られるわけではありませんが、展示されていたらじっくりと観賞してみるといいですね。

03. さがの人形の家
アクセス情報

住所:京都府京都市右京区嵯峨鳥居本佛餉田町12
電話番号:075-882-1421 
開館時間:10~17時
休館日:月曜日(祝日除く) 
入館料:大人500円 中高生300円 小学生200円
駐車場:なし
交通案内:京福電鉄嵐山駅から徒歩15分
公式サイトhttp://sagano.or.jp/

さがの人形の家

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所