革堂(行願寺)

京都 革堂(行願寺)
千手観音と寿老人を祀る
幽霊絵馬が有名な寺院

京都市上京区にある行願寺は、革堂の通称で親しまれている寺院です。近畿一円と岐阜に点在している西国三十三所観音霊場の19番目札所で、京都七福神の一つである寿老人がお祀りされています。また、悲しい伝説で知られる幽霊絵馬を所蔵している寺院としても有名です。

この記事では、革堂(行願寺)の魅力や見どころ・歴史などをご紹介しましょう。

01. 信仰を集め続ける
革堂の歴史

境内(革堂)

境内

行願寺は、1004年に行円上人(ぎょうえんしょうにん)によって創建されました。創建当時は、一条小川(いちじょうおがわ)の一条北辺堂跡に伽藍が建てられていたと伝えられています。

行円上人は元々猟師で、ある日、自分が射抜いたメス鹿がその場で子どもを産み落とす姿を見ました。息絶えるまで世話を続けたメス鹿の姿を見て、上人は殺生の愚かさに気づいて出家したといわれています。上人は常に自分が殺したメス鹿の毛皮を身に着けていたので、人々から皮聖(かわひじり)と呼ばれるようになり、行願寺も革堂という称されるようになりました。

室町時代になると、寺院の本堂は地域の人々が集会に使うなどして、公民館のような役割を担うようになります。安土桃山時代末期の1590年、豊臣秀吉の都市計画によって寺院は一条小川から京都御苑の東側にある寺町荒神口(てらまちこうじんぐち)に移されました。

江戸時代になっても行願寺は人々の信仰を集め続け、708年の大火で伽藍が焼失したのをきっかけに現在地へ移ります。

現在は、近畿一円と岐阜に点在する最古の観音霊場である西国三十三所の一つとして人気です。京都七福神の一つである寿老人を祀っており、毎日多くの参拝者が訪れています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所