金閣寺
?評価について

京都 金閣寺(鹿苑寺)
金箔を貼った舎利殿が有名な
世界遺産登録の寺院

京都市北区、きぬかけの路沿いにある金閣寺は、日本はもとより海外でも有名な寺院です。相国寺の山外塔頭で、正式名称を鹿苑寺といいます。元々は室町幕府三代将軍、足利義満の別荘でした。金閣寺の象徴的な建物、金閣は正式には舎利殿という名称で、仏陀の遺骨を祀る仏塔の役目を担っています。創建当時の建物は1950年(昭和25年)に放火によって焼失してしまい、現在の金閣は1955年(昭和30年)に再興されたものです。1994年(平成6年)には世界遺産に登録されました。

この記事では、金閣寺の見どころや魅力をご紹介します。

01. 別荘から寺院へ、
金閣寺の歴史

金閣寺は室町時代に建立された寺院で、500年以上の歴史を持ちます。この項では、金閣寺の歴史をかいつまんでご説明しましょう。

創建から江戸時代まで

金閣寺が建っている場所は、もともと西園寺公経(さいおんじきんつね)が建立した西園寺という名の寺院でした。西園寺は室町時代に荒廃してしまい、室町幕府三代将軍、足利義満が寺院を河内の領地と交換する形で譲り受けます。

1397年、西園寺を改築・増築した義満は、この地を北山山荘と名付けて別荘兼政治の中枢としました。義満の死後は、北山山荘は妻である日野康子(ひのやすこ)の御所になります。

1420年に康子が亡くなると、山荘は義満が残した遺言により相国寺塔頭の禅寺になりました。開山者は夢窓疎石(むそうそせき)で、義満の法号である鹿苑院殿(ろくおんいんでん)から鹿苑寺と名付けられたと伝わっています。

1467年に応仁の乱が始まると、鹿苑寺は西軍の陣となり、金閣以外の建物が多く焼失しました。

江戸時代から現代まで

江戸時代に入ると、焼失した建物の多くが再建されます。焼け残った舎利殿(金閣)も1649年に大修復が行われました。

明治時代初期に廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)が起こると、多くの寺院が寺領を取り上げられて経済的な基盤を失ってしまいます。そんな中、鹿苑寺の十二世住職だった貫宗承一は、1894年(明治27年)から庭園と金閣の有料一般公開をはじめました。この拝観料によって、寺院は収入を確保します。

1950年(昭和25年)、金閣寺は放火によって内部に安置されていた仏像などと共に焼失してしまいました。その後すぐに再建計画が立ち上がり、同時に寄付金の受付が始まります。金閣寺が再建されたのは、1955年(昭和30年)のことです。

1994年、古都京都の文化財の構成要素として寺院が世界遺産に登録されると、外国にまで金閣の美しさが広く知られるようになります。今では、日本だけでなく外国からの観光客も多く、参拝者が途切れることがありません。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所