興福寺
?評価について

奈良 興福寺
阿修羅像や五重塔で有名な
奈良を代表する寺院

奈良を治めていた
興福寺の歴史

全景(興福寺)

興福寺の全景

興福寺は藤原氏の菩提寺として建立され、鎌倉時代から安土桃山時代までは実質的に奈良を治めていました。この項では、興福寺の歴史をかいつまんでご紹介しましょう。

建立から鎌倉時代まで

興福寺は、669年に藤原鎌足の夫人である鏡王女(かがみのおおきみ)が、夫の病気回復を願って山背国(京都市山科区)に建立した寺院が始まりです。創建当時は山階寺(やましなでら)という名前でした。その後、都の遷都と共に興福寺も移転を繰り返します。710年、平城京遷都に伴い、藤原鎌足の息子である不比等(ふひと)が現在の場所に寺院を移転し、興福寺と名付けました。

藤原氏は皇族ともつながりの深い大貴族だったため、興福寺は藤原氏一族だけでなく皇室からも手厚い保護を受けます。奈良時代には興福寺の造営を進める専門の役職が設けられ、国が建立する寺院と同じ扱いを受けていました。平安時代になると春日社(春日大社)の実権も握り、大和国(奈良県)にある荘園のほとんどを所有するようになります。

その勢力は比叡山と並び、南都北嶺(なんとほくりょう)と称されました。塔頭寺院(子院)も百か所を超え、中でも1087年に建立された大乗院は皇族や有力貴族が住職を務める門跡寺院として栄えたといわれています。

1180年、源氏と平氏が戦った治承・寿永の乱が起き、興福寺一帯は平重衡(たいらのしげひら)によって焼き討ちを受けました。これによって、興福寺の伽藍は大半が焼失してしまいます。

その後、朝廷と藤原氏・興福寺が一体となって復興事業に取り組み、現存している建物の多くは、これ以降に造られたものです。また、現存する仏像の多くも鎌倉時代に作られています。

室町時代~現代まで

室町時代まで、幕府は大和国に武士の守護(領主)を置かず、興福寺が大和国を治めていました。安土桃山時代になると、興福寺は豊臣秀吉の支配を受け入れ、春日社と併せて2万1千石の領地を得ています。

江戸時代中ごろの1717年、興福寺は再び大規模な火災に巻き込まれました。この時に金堂・西金堂・講堂・南大門などが焼失し、現在まで再建されていません。

明治時代になると、興福寺は明治政府が発布した神仏分離令を受け、春日社と分離されます。さらに廃仏毀釈の余波を受けて塔頭寺院はすべて廃寺となり、興福寺の僧侶たちは春日大社の神職になりました。

このときに、広大な境内の大部分は奈良公園として整備されています。興福寺に現在まで塀がないのはこの時に取り壊されたためです。一時は興福寺自体も廃寺同然となりましたが、1841年に興福寺再興の許可が下り伽藍が修復されました。

1998年(平成10年)にはユネスコの世界遺産に登録され、世界的にも有名になります。現在は江戸時代に焼失した中金堂が再建中です。

栄華を誇った
興福寺の魅力

興福寺は長い間人々の信仰を集めただけでなく、大和国を治め続けて権勢を誇っていました。この項では、そんな興福寺の魅力をご紹介しましょう。

国宝館内に展示された文化財

興福寺は、長い歴史の中で焼失と再建を繰り返してきました。中でも明治時代に起きた廃仏毀釈の影響は絶大で、現在は創建当時の面影はほとんどなくなっています。しかし、仏像をはじめとする多くの寺宝は健在であり、国宝館内で自由に見学可能です。

興福寺所蔵の仏像というと三面六臂(3つの顔に6本の腕)を持つ阿修羅像が最も知られています。この他にも、旧山田寺仏頭や木造金剛力士像など国宝に指定されている逸品が数多くあり、仏教美術に興味のある方は必見です。

境内の自然

自然(興福寺)

自然が豊富な境内

現在の興福寺は、奈良公園内に伽藍が点在している状態です。ですから、奈良公園を散策するような感覚で堂宇巡りを楽しめます。また、五重塔はいろいろな場所から見ることができるので、園内を散策しながらお気に入りの場所を探すのも面白いですよ。

奈良公園は四季折々の美しさがあり、中でも春の桜と秋の紅葉は格別で、それを目当てにたくさんの観光客が訪れます。特に、歴史ある堂宇と桜や紅葉の組み合わせは一見の価値ありです。

1年を通して行われる行事

興福寺では、年間を通して色々な行事が行われます。その中でも、追儺会(ついなえ・節分)や放生会(ほうじょうえ)は観光客も見学ができるので、行事に併せて興福寺を訪れるのもおすすめです。

また、興福寺では毎年春と秋に野外で能が奉納されています。春は薪能、秋は塔影能と呼ばれており、それぞれ季節に合った演目が上演され地元の方にも人気です。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所