清涼寺
?評価について

京都 清涼寺(嵯峨釈迦堂)
国宝・重文の寺宝を収蔵する
由緒ある寺院

清涼寺は京都嵯峨野に位置する浄土宗の寺院です。宋から持ち帰られた釈迦如来立像が安置されていることから嵯峨釈迦堂とも呼ばれています。平安初期に建立された大変歴史の古い寺院で、国宝や重文に指定された寺宝を所蔵していることでも有名です。

この記事では、清涼寺の魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 釈迦如来を祀る
清涼寺の歴史

多宝塔(清涼寺)

多宝塔

現在の清涼寺は、棲霞寺(せいかじ)と清凉寺という二つの寺院が一つになったものです。この項では、2つの寺院が歩んだ歴史をかいつまんでご紹介しましょう。

源融の別荘だった棲霞寺

棲霞寺は、清涼寺の母体ともいえる寺院です。平安時代初期、嵯峨天皇の皇子である左大臣、源融(みなもとのとおる)の一周忌に、息子の昇が建立したと伝えられています。寺院は源融の別荘であった栖霞観(せいかかん)を改築して建立され、源融が生前造立を願いながら果たせなかった釈迦三尊像が造られ祀られました。

三国伝来の仏像を祀る清凉寺

清涼寺は、東大寺出身の僧侶、奝然(ちょうねん)が宋で作らせた釈迦如来立像を祀るために建立されました。釈迦如来立像は、仏陀(ぶっだ)存命中にインドの王がセンダンの木で作らせた像を復刻させたもので、三国伝来の釈迦像・生きているお釈迦さまとも呼ばれる立派なものです。

奝然は中国から持ち帰ったこの仏像を安置する寺院を建立しようと活動を始めましたが、比叡山延暦寺の反対にあって叶いませんでした。奝然の死後、弟子の盛算(じょうさん)がこの願いを引き継ぎ、1016年に棲霞寺の境内に寺院を建立します。これが、清凉寺の始まりです。

一つになった寺院

平安末期から鎌倉時代にかけて、奝然が持ち帰った釈迦如来立像は多くの人々の信仰を集めました。浄土宗の開祖である法然上人も、24歳の時に釈迦如来立像をお祀りするお堂で修業をしています。釈迦如来立像の模造品もたくさん作られました。これは、今でも、嵯峨式釈迦像(さがしきしゃかぞう)と言う名で仏像形式の一つになっています。釈迦如来立像は仏教の宗派を超えて信仰を集め、すべての宗派の僧が清凉寺に修行に集まりました。

室町時代に起こった応仁の乱で二寺院の伽藍はすべて焼失してしまいますが、1602年に豊臣秀頼の寄進により再建されます。しかし、その後も天災や火災により伽藍は焼失と再建を繰り返しました。

江戸時代になると、徳川家康が浄土宗に帰依していたことから清凉寺は正式に浄土宗の寺院となります。その一方で棲霞寺は次第に衰退していき、ついに釈迦三尊像と釈迦三尊像を祀る阿弥陀堂を残すのみとなってしまいました。

現在、二つの寺院は清凉寺という一つの寺院となっており、嵯峨釈迦堂として現在も人々の信仰をあつめ続けています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所