森戸神社
?評価について

葉山 森戸神社(森戸大明神)
源頼朝が創設した
葉山の総鎮守

森戸神社は正式名称を森戸大明神といい、鎌倉幕府を開いた源頼朝が創建したと伝えられる神社です。長年にわたって葉山の総鎮守として人々の信仰を集め、現在も安産祈願や七五三・お宮参り・結婚式などが盛んに行われています。また、海の町らしく、船が進水するときの御祈祷を依頼する方も少なくありません。

この記事では、森戸神社の由緒や見どころについて解説していきましょう。森戸神社への訪問を考えている方は必見です。

この記事を読めば、森戸神社の見るべきポイントがわかり、森戸神社散策をさらに楽しむことができます。

01. 森戸神社の
歴史

森戸神社

森戸神社の茅の輪

伊豆に流された源頼朝は三嶋明神(現、静岡県三島大社)を深く信仰し、源氏の再興を祈願したと伝えられています。その後、平氏を打倒して鎌倉幕府を開いた頼朝は、鎌倉に近い葉山に三島明神から分霊を受けて森戸神社(森戸大明神)を建立しました。そのため、神社の祭神は三島大社と同じ、大山祗命(おおやまつみのみこと)と事代主命(ことしろぬしのみこと)です。

また、この地は、鎌倉時代から朝廷で行われてきた祓(はらい)の一種、七瀬祓(ななせはらい)が行われてきた場所でもあります。七瀬祓(ななせはらい)は、清らかな河川に災禍を天皇の代わりに受ける人型を清らかな河川に流す儀式です。つまり、森戸は神社が建立される前から、神聖な場所でした。

室町時代には北条氏・足利氏の信仰も篤く、江戸時代には徳川家康が社領七石を寄進したという記録も残っています。さらに、明治時代には英照皇太后陛下も参拝しました。このように歴史の要人が数多く訪れたのは、この地に幕府が開かれたり皇室の御用邸が造られたりしたことも関係しています。森戸神社(森戸大明神)は、まさに葉山の歴史そのものでもあると言えるでしょう。

02. 森戸神社の
ご利益

森戸神社(森戸大明神)は境内に水天宮があり、「まいられよ 子宝の福 さづかりに」と刻まれた石碑も建立されています。そのため古くから「子宝に恵まれる神社」として、子どもが欲しい夫婦の信仰を集めていました。

また、社務所で授与してくれるピンク色の「貝合わせ恋守り」は、恋愛成就の効果があると口コミでうわさが広がり、今では遠方から買い求めに来る人も少なくありません。さらに、子どもの健やかな成長を願って、お宮参り・七五三などの行事のときに御祈祷を申し込む方も大勢います。

03. 森戸神社(森戸大明神)
の見どころ

森戸神社は、境内の建物はもちろん、敷地内から見ることのできる自然が作り出した景観も魅力です。ここでは、森田神社に訪れた際にはぜひ見ておきたいポイントを紹介します。

本殿

本殿(森戸神社)

本殿

鎌倉時代に建立された社殿は残っていません。しかし、現在の社殿も400年以上の歴史があり、葉山町の重要文化財に指定されています。また、本殿のすぐ前と裏手は海になっており、海の安全を守る神社らしい雰囲気です。本殿は、お宮参りや七五三などの祈祷のほか、結婚式も行うことができます。縁結びのご利益があった方が挙式することも珍しくありません。

名島(菜島)

名島(森戸神社)

名島(菜島)

名島は、神社裏手の海岸からおおよそ700mほど離れた沖合に浮かぶ小島です。神社の所有地ですが、上陸することはできません。赤い鳥居が目印で、離れた場所からもよく見えます。この島には竜神が祀られており、海上から沖をいく船の航海の安全を守っているそうです。

葉山マリーナから出発するクルージングに参加すると、名島のすぐそばを通ることができます。また、天気のよい日には富士山と朱色の鳥居のコントラストも楽しめるでしょう。

みそぎ橋

みそぎ橋(森戸神社)

みそぎ橋

ここは、七瀬祓の霊所と定められた海辺へ通じる橋です。みそぎとは、清らかな水で体ついた「穢(けが)れ」を払う儀式のこと。今でも、重要な神事の前には、この海辺で海水を浴びて身を清めるそうです。何か悩み事があったり、よくないことが続いていたりする場合は、みそぎ橋を渡って海水で手を清めてみるのもよいでしょう。

千貫松

千貫松(森戸神社)

千貫松

社殿の裏手にある磯部に立っている松です。枝ぶりが美しく、見る人の目を引き付けます。源頼朝が衣笠城に行く途中に森戸の浜辺で休息した際、この松を見てほめたところ、和田義盛が「千貫の価値がある松ということで、千貫松と呼んでいます」と答えたという逸話が残されているそうです。

ちなみに、千貫というのは昔のお金の単位で、現在のお金に換算すると1億円前後と言われています。現在見ることのできる松はやや小さいものの、優美さは昔と変わりありません。

04. 森戸神社
まとめ

いかがでしたか? 今回は森戸神社(森戸大明神)の見どころについて詳しくご紹介しました。葉山はマリンスポーツばかりが注目されがちですが、史跡や寺社仏閣も豊富です。森戸海岸や森戸海水浴場まで遊びにきたら、ぜひ神社まで足を伸ばしてみてください。

05. 森戸神社
アクセス情報

住所:神奈川県三浦郡葉山町堀内1025
電話番号:046-875-2681
拝観時間:9~16時(お守り授与、祈祷受け付けなど)
駐車場:100台(拝観・祈祷の方は無料。それ以外は1000円~1500円)
交通情報:逗子駅より 東口3番バス停留所から「逗12 :葉山一色行き(海岸回り)」乗車 約15分 『森戸神社』下車 徒歩1分。新逗子駅より 南口2番バス停留所から「逗12 :葉山一色行き(海岸回り)」乗車 約15分 『森戸神社』下車徒歩1分。
公式ホームページhttp://www.moritojinja.jp

森戸神社

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所