平等院
?評価について

京都 平等院
十円硬貨のデザインで有名な
宇治を代表する寺院

京都府宇治市にある平等院は、十円硬貨のデザインになっていることで有名な寺院です。11世紀を代表する寺院で、平安時代の貴族が建立した寺院では唯一現存する貴重な史跡でもあります。1994年(平成6年)には世界遺産に登録されました。

この記事では、平等院の魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 別荘から始まった
平等院の歴史

平安時代、宇治は貴族の別荘地であり、平等院も最初は別荘でした。この項では、そんな平等院の歴史をかいつまんでご紹介します。

創建から江戸時代まで

平等院が建っている地は、元々は源融(みなもとのとおる)という左大臣の別荘でした。源融が亡くなった後、その息子が別荘を宇多天皇に献上したことから、何人かを介して998年に藤原道長の別荘、宇治殿になります。

道長が死去すると、1052年に道長の息子、頼道(よりみち)が別荘を寺院に改築しました。これが平等院の始まりです。

平等院は西方浄土を現世に再現させた寺院として、天皇をはじめとして貴族たちの篤い信仰を集めました。鎌倉時代になり武士が政権を握るようになっても、寺院は荒廃や衰退をすることなく栄え続けます。

1336年、楠木正成と足利尊氏の戦いにより伽藍の多くが焼失しますが、10円硬貨に描かれていることで有名な鳳凰堂だけは奇跡的に焼失を免れました。

安土桃山時代には、浄土宗の浄土院という寺院が鳳凰堂の西側に建立されます。

江戸時代から現代まで

江戸時代初期の1654年、天台宗の最勝院という寺院が浄土院のすぐ側に建立されました。1681年、寺社奉行の裁定によって平等院は天台宗と浄土宗の共同管理となります。この共同管理は現在まで続いており、1953年(昭和28年)には宗教法人平等院が設立されました。

廃仏毀釈や太平洋戦争も乗り越えて、平等院は大きな荒廃や伽藍の破損もなく現在に至っています。1994年(平成6年)には古都京都の文化財として世界遺産に登録され、海外にもその名と美しさが広く知られるようになりました。

2012年(平成24年)から2014年(平成26年)にかけて行われた平成の大改修工事によって、鳳凰堂をはじめとする平等院の伽藍群は創建当時の色鮮やかさを取り戻します。2016年に落成式が行われ、4年ぶりに鳳凰堂内部が見学できるようになりました。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所