実光院
?評価について

京都 実光院
秋から春まで咲く桜が有名な
勝林院の子院

実光院は、魚山大原寺勝林院(ぎょざんたいげんじしょうりんいん)を本寺とする天台宗の寺院です。室町時代、宗信法印(そうしんほういん)によって復興されました。勝林院にはかつて四つの子院がありましたが、現存しているのは実光院と宝泉院の二つのみです。本寺である勝林院は声明と呼ばれる仏教音楽の一種を広めるために創建されました。そのため、子院である実光院でも声明に使われる楽器が展示されています。

この記事では、実光院の魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 現在も残る
子院の歴史

参道(実光院)

実光院の参道

実光院は、魚山大原寺(ぎょざんたいげんじ)の下院である勝林院の子院として建立されました。正確な創建年代は伝わっておらず、宗信法印(そうしんほういん)が室町時代に復興したということだけが分かっています。

明治時代になると、勝林院が持つ4の子院のうち普賢院(ふげんいん)と理覚院(りかくいん)に住む人がいなくなってしまいました。そこで、1919年(大正8年)、実光院は普賢院と統合する形で旧普賢院の寺地に移転します。1920年(大正10年)には客殿が新たに建てられました。

現在は四季折々に花が楽しめる庭の美しい寺院として知られ、多くの参拝客が訪れる場所になっています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所