宝泉院
?評価について

京都 宝泉院
樹齢700年を超える松と
三つの庭が美しい寺院

京都大原にある宝泉院(ほうせんいん)は、勝林院の子院として平安時代末期に建立されました。勝林院にはかつて四つの子院がありましたが、現在でも残っているのは実光院と宝泉院の二つだけです。こぢんまりとした寺院ながら見どころが豊富で、特に三つの庭と樹齢700年を超える松は一見の価値があります。拝観にはお抹茶とお菓子がつき、声明(しょうみょう)と呼ばれる仏教声楽が常に流れているのも特徴です。

この記事では、宝泉院の見どころや魅力・アクセス方法・拝観料をご紹介します。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所