勝林院
?評価について

京都 勝林院
大原問答の舞台で知られる
声明の根本道場

京都大原にある勝林寺は、声明の根本道場として建立された天台宗の寺院です。平安時代末期、浄土宗の開祖である法然上人と天台宗の僧侶達が問答を行ったことから、問答寺という別名でも知られています。

この記事では、勝林院の魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 慈覚大師が創建
勝林院の歴史

本堂(勝林院)

本堂

勝林院は、853年に天台宗の第三代座主であった慈覚大師(じかくだいし)により、声明道場として創建されました。声明とは仏教声楽のことで、お経に旋律をつけて唱えるものです。主に天台宗が法要などに声明を用いていました。創建後、しばらくして寺院は衰退してしまいますが、1013年に寂源(じゃくげん)という僧によって再興されたと伝えられています。

1186年、当時の住職であった顕真(けんしん)の招きで、浄土宗の開祖である法然と明遍(みょうへん)、証真(しょうしん)といった天台宗の高僧との間で問答が行われました。これを大原問答と言います。法然は高僧達の問いかけに明確に返答し続け、ついには本尊の阿弥陀仏がまばゆい光を発して法然の正しさを証明したという逸話は、今でも有名です。

江戸時代になると、寺院は四つの子院を持つほどに栄えました。しかし、明治時代になると廃仏毀釈の影響で子院の半分が無人になり、やがて普賢院と理覚院が実光院に統合されます。その他、宝泉院という子院も廃寺を免れました。

現在、勝林院は歴史の風格を感じさせる寺院として、多くの人々に親しまれています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所