伊東東郷記念館
?評価について

伊東東郷記念館
当時のままの姿を残す
東郷元帥の別荘

伊東東郷記念館は、昭和4年、東郷平八郎元帥が夫人の病気療養のために伊東に建てた別荘です。東郷平八郎元帥も晩年をこの別荘で過ごし、彼が死去した後は海軍将校のための休養施設として使われていました。伊東東郷記念館として一般公開されたのは、平成24年のことです。

今回は、伊東東郷記念館の魅力や見どころ、アクセス方法・入館料・駐車場の有無などをご紹介しましょう。

01. 当時のままの
姿が残る別荘

伊東東郷記念館

伊東東郷記念館の室内

伊東は、別荘地としても長い歴史があります。戦前からたくさんの財界人や文化人がこの地に別荘を構えました。しかし、現在まで残っているのは伊東東郷記念館だけです。外観・内観ともに、東郷平八郎元帥が住んでいた当時のまま保存されています。これは、この建物の管理を任されていた石橋財団が、元帥が使っていた当時のままの姿を残そうと尽力したためです。東郷平八郎元帥のことだけでなく、昭和初期の建築様式を知ることができる貴重な歴史文化遺産として、一見の価値があります。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所