三室戸寺
?評価について

京都 三室戸寺
1万株のアジサイが咲く
宇治屈指の花の寺

京都府宇治市にある三室戸寺は、千年以上の歴史を持つ古刹です。1万株のアジサイをはじめ境内には草花がたくさん植えられ、宇治屈指の花寺として知られています。この他、狛犬ならぬ狛ウサギと狛蛇の像があり、特に卯年と巳年の方々に人気です。

この記事では、三室戸寺の魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 霊場でもあった
三室戸寺の歴史

境内(三室戸寺)

境内

三室戸寺は、770年に光仁天皇(こうじんてんのう)の勅命によって、大安寺の僧であった行表(ぎょうひょう)が創建しました。光仁天皇が幼い頃、毎夜宮中に飛んでくる金の光があり、後年にその原因を探らせたところ宇治川支流である志津川上流の滝つぼで観音像を発見しました。この観音像を祀るために建立されたのが三室戸寺です。

寺院は西国三十三所巡礼の一つでもあり、霊場として人々の信仰を集めてきました。室町時代に火災にあって伽藍を失います。その後再建されましたが、1573年に足利義昭に加勢をしたという理由で織田信長に焼き討ちにされました。

1841年にようやく本堂が再興され、現在に至ります。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所