高台寺
?評価について

京都 高台寺
枝垂桜と紅葉が見事に映える
蒔絵の寺

高台寺は東山区にある臨済宗建仁寺派の寺院で、夫である豊臣秀吉の菩提を弔うために北政所(高台院)が建立しました。そのため、寺号には北政所の院号(出家した後に名乗る名前)がそのままつけられています。

境内にある北政所の墓所、霊屋(みたまや)は、高台寺蒔絵と呼ばれる桃山時代の蒔絵がふんだんに使われていることで有名です。北政所が所有していた蒔絵の調度品が多数残されていることから、蒔絵の寺という別名もあります。

この記事では、高台寺の魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 秀吉の妻が開いた
高台寺の歴史

境内(高台寺)

境内

高台寺は、1606年に豊臣秀吉の正室である北政所の発願によって開山しました。北政所は豊臣秀吉が亡くなった直後から菩提を弔うための寺院建立を望んでおり、その願いを聞いた徳川家康が各国大名に普請(建築)を命じたと伝わっています。

高台寺は創建当時、あちこちの寺や城から建物を移築してきました。仏堂は北政所の母親が眠る康徳寺の堂を移築・改造したもので、方丈・茶室などは伏見城から移築されています。

開山当初、高台寺は曹洞宗の寺院でしたが、1624年に建仁寺から三江紹益を中興開山に招きました。これにより、高台寺は臨済宗に改宗します。

江戸時代になると寺院は幾度かの火災に見舞われました。現在、創建当時から残っている建物は、茶室の傘亭・時雨亭や三江紹益を祀る開山堂・秀吉と北政所を祀る霊屋(おたまや)などです。

幕末になると、高台寺は新選組から離脱した御陵衛士(ごりょうえじ)の駐屯地になりました。その後、戦火に見舞われることはなく現在にいたります。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所