遍照寺
?評価について

京都 遍照寺
広沢不動尊の別名を持つ
赤不動を祀る寺院

京都嵯峨野にある遍照寺は、住宅街の中にひっそりと建つ小さな寺院です。かつては大寺院でしたが、応仁の乱で廃墟と化し、1830年(文政十三年)に現在地へと場所を移し復興されました。現在は、広沢不動尊や広沢の赤不動さんと呼ばれ人々に親しまれています。8月16日に行われる灯籠流しは嵯峨野の夏を彩る有名な行事です。毎年、たくさんの観光客が訪れています。

この記事では、遍照寺の見どころや魅力をご紹介しましょう。

01. 不動尊像が有名な
遍照寺の歴史

参道(遍照寺)

遍照寺の参道

遍照寺は、989年に宇多天皇の孫にあたる寛朝(かんちょう)によって建立されました。広沢池に観世音菩薩を祀る観音島を造るなど嵯峨有数の大寺院でしたが、寛朝が亡くなると寺院は次第に衰退していきます。

鎌倉時代に後宇多天皇によって再興されますが、応仁の乱で再び荒廃し、ついには廃墟となってしまいました。このとき、遍照寺創建当時から伝わる本尊の十一面観音像と木造不動明王坐像(通称、赤不動明王像)は奇跡的に難を逃れ、草堂に移されたといいます。

1830年(文政十三年)、舜乗律師(しゅんじょうりっし)の手によって十一面観音像と木造不動明王坐像が現在地に移され、寺院は復興を果たしました。現在は、交通安全や厄除けにご利益のある不動明王を祀る寺院として、地元の方に親しまれています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所