退蔵院
?評価について

京都 退蔵院
国宝、瓢鮎図を所蔵する
妙心寺の塔頭寺院

京都市右京区にある退蔵院は妙心寺の塔頭寺院です。塔頭とは大寺院の敷地内に建立された小寺院のこと。退蔵院は妙心寺三世である無因宗因(むいんそういん)が開山したため、塔頭寺院の中でも別格として扱われています。国宝である瓢鮎図(ひょうねんず)を所蔵している寺院としても有名です。

この記事では、退蔵院の魅力や見どころをご紹介しましょう。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所