葉山

葉山観光
日本有数の別荘地として栄えた
自然豊かな癒しの楽園

葉山は穏やかな気候と美しい海が魅力のリゾート地で、観光スポットとしても人気のエリアです。都心からのアクセスも良く、ちょっとしたお休みにも気軽に出かけることができます。

この記事では、葉山の見どころやおすすめスポット・ランチ情報など、葉山観光に役立つ情報を紹介しましょう。この記事を参考にして、自然豊富な葉山を思いっきり堪能してください。

01. 自然の魅力が詰まった
葉山の見どころ

葉山は豊かな自然に恵まれたスポットで、観光にピッタリな見どころが満載です。ここでは、葉山観光に行くならチェックしておきたいおすすめスポットを紹介します。

長者ヶ崎

長者ヶ崎(葉山)

長者ヶ崎

葉山町と横須賀市の境目に位置する岬です。夏場には海水浴場となり、サーフィンなどのマリンスポーツを楽しむ人も多く訪れます。駐車場やトイレも完備されているので、お車でお越しのご家族も安心です。

富士山や伊豆半島を一望できる景勝地としても名高く、特に夕照は三浦半島八景の一つに選ばれています。夕焼けで赤く染まった幻想的な富士山はこの世のものとは思えないほどの美しさで、一度見たら忘れることはできないでしょう。

長者ヶ崎 詳細・アクセス情報

森戸海岸

森戸海岸(葉山)

森戸海岸

葉山で一番広い砂浜のある海岸で、夏は海水浴場としてたくさんの人でに賑わいます。遠浅で波も穏やかなため、お子様連れのご家族も安心して遊ぶことができるスポットです。海の家ではバーベキュー道具のレンタルも行っており、手ぶらでバーベキューを楽しむことができます。

海辺からは富士山や江の島・名島を望むことができ、景色を目当てに訪れる人も少なくありません。特に夕暮れ時に見える景色は絶景で、森戸の夕照として神奈川景勝50選にも選ばれています。

森戸海岸 詳細・アクセス情報

葉山しおさい公園

葉山しおさい公園(葉山)

葉山しおさい公園

かつて皇族の別荘として使われていた葉山御用邸付属邸の跡地を利用して造られた公園です。一部は付属邸がそのまま残されており、皇族が過ごした風景に直接触れることができます。特に、三ヶ岡山を借景とした日本庭園は見事なまでの美しさです。

公園内に併設された「葉山しおさい博物館」では、昭和天皇がコレクションしていた深海生物をはじめ、葉山周辺の海に生息する生物などの展示を見ることができます。

葉山しおさい公園 詳細・アクセス情報

森戸神社(森戸大明神)

森戸神社(葉山)

森戸神社

森戸神社は、葉山の総鎮守として850年以上の歴史を持つ神社です。1180年に源頼朝が創建したとされ、三嶋大社の分霊が祀られてます。源頼朝建立の神社は現存数が少なく、歴史遺産としても貴重なスポットです。相模湾に面した突き出た部分にあり、海越しの富士山を眺めることもできます。

現在は建立当時の社殿は残っていません。しかし、現存する本殿も400年以上の歴史があり、葉山町の重要文化財にも指定されています。七五三やお宮参りなどで訪れる地元住民も多く、神前結婚式の会場としても人気です。

森戸神社(森戸大明神) 詳細・アクセス情報

葉山マリーナ

葉山マリーナ(葉山)

葉山マリーナ

葉山マリーナは日本有数の会員制リゾートで、もともとヨットオーナー向けに作られた施設です。そのため、会員制のテニスコートでやスポーツクラブのほか、ヨットの停泊場所やメンテナンス設備なども備えられています。

クルージングやレストラン・ショップは会員以外の方も利用可能です。特にクルージングは人気が高く、多くの観光客がクルージングを楽しみに訪れています。

葉山マリーナ 詳細・アクセス情報

神奈川県立近代美術館 葉山

神奈川県立近代美術館 葉山

神奈川県立近代美術館 葉山

神奈川県立近代美術館の葉山館は、2003年、高松宮別邸跡に建設された美術館で、神奈川県立近代美術館としては3番目につくられたものです。目の前の一色海岸と背後の三ヶ岡山との調和を保つために高さが抑えられ、緑の中に溶け込むデザインとなっています。

葉山館では、定期的に楽しいイベントやワークショップも開催中です。親子で参加できるイベントも多く、大人も子供も一緒になって楽しむことができます。ハートビル法に対応しているため、障害のある方や高齢の方も安心です。

神奈川県立近代美術館 葉山 詳細・アクセス情報

葉山灯台

葉山灯台

葉山灯台

葉山灯台は、森戸海岸の沖合700mほどの場所に建つ小さな灯台です。ヨットマンでもあった昭和の名優、石原裕次郎の三回忌を記念して、兄の石原慎太郎氏が会長を務める日本外洋帆走協会が基金を募って建設しました。灯台のプレートには「海の男 裕次郎に捧ぐ 葉山灯台」と刻まれており、裕次郎灯台と呼ばれ親しまれています。

葉山灯台 詳細・アクセス情報

葉山あじさい公園

葉山あじさい公園は、はやま三ヶ岡山緑地に整備された三ヶ岡山ハイキングコース入り口の一つです。赤・白・色とりどりの紫陽花が3,000株も植えられています。その美しさは「かながわ花の名所100選」にも選ばれているほどです。6月中旬から7月初旬にはアジサイ祭りも開催されます。

園内からは相模湾や葉山灯台・名島の鳥居・江の島・富士山を一望でき、紫陽花の季節でなくても十分に訪れる価値のあるスポットです。特に、富士山の山頂部と夕日が重なるダイヤモンド富士は圧巻。ダイヤモンド富士は気象条件が揃ったときにしか見ることができない貴重な現象のため保証はありませんが、4月上旬と9月上旬が狙い目です。

葉山あじさい公園 詳細・アクセス情報

湘南国際村グリーンパーク

湘南国際村グリーンパーク

湘南国際村グリーンパーク

湘南国際村グリーンパークは、相模湾と富士山を望む高台に位置する自然公園です。7万株のツツジが植えられており、かながわ花の名所100選にも選ばれています。

ツツジが見ごろを迎えるのは毎年5月中旬ごろで、7万株のツツジが一斉に咲き誇る様子はまるで赤いじゅうたんのようです。この時期、隣接する湘南国際村センターで湘南国際村フェスティバルが開催されることもあり、多くの観光客で賑わいます。

夜景の名所として知られ、街の僅かな光と月の光が生み出す景色は全国でも上位にランクインするほどの美しさです。ロマンチックな雰囲気で、カップルのデートスポットとしても人気となっています。

湘南国際村グリーンパーク 詳細・アクセス情報

山口蓬春記念館

山口蓬春記念館は、葉山御用邸近くにある美術館です。日本画の巨匠として知られる山口蓬春の作品や彼が長年収集したコレクションなどが展示されています。美術館の建物は山口蓬春が晩年過ごした住居を改築したもので、蓬春が創作活動に勤しんでいた画室は生前当時のままです。

美しい庭園も見どころの一つで、この庭園は蓬春が京都から造園師を呼びつけて作庭したものだといわれています。四季を通じてさまざまな花が咲き乱れ、風情を感じる散策スポットとしても人気です。

山口蓬春記念館 詳細・アクセス情報

02. オシャレな店内で味わう
葉山一押しグルメ

葉山は皇族や財界人・文化人の別荘地として発展してきたこともあり、オシャレで洗練された店が多いのが特徴です。特に人気なのが、近くの海で獲れた新鮮な魚介類。今回は、そんな葉山のおすすめグルメをご紹介しましょう。

レストラン ラ・マーレ

1977年に「気軽に楽しくフレンチを食べてもらおう」をコンセプトに誕生したレストランです。旧名を「ラ・マーレ・ド・茶屋」と言いましたが、2016年3月にリニューアルオープンしました。三浦半島の地野菜や旬の魚を使った「創作海辺風フレンチ」が楽しめます。

建物と立地も魅力の一つです。葉山港のすぐそばに建つ白亜の建物は遠くからでもよく目立ち、雑誌やドラマの撮影もよく行われています。窓からは葉山の海が一望でき、特に夕暮れの美しさは評判です。

店内には、カフェスペースとレストランスペース、そしてバンケットルームがあります。予算や人数・シチュエーションに合わせて使い分けられるので、気軽なランチにも改まった会食どちらにもおすすめです。

アクセス情報
住所:神奈川県三浦郡葉山町堀内24-2
電話番号:046-875-6683
営業時間:11時30分~21時 
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日に振り替え)
交通案内:逗子駅より「葉山一色」または「福祉会館行き」に乗車、「鐙摺(あぶずり)」下車、徒歩一分
公式サイトhttp://lamaree.chaya.co.jp

すし屋の吉兆

相模湾で獲れたての魚介類を使ったお寿司を、お手ごろな価格で食べることができるお店です。吉兆の外観はまるでフランス料理店のような白亜の洋館で、のれんも出ていません。初めて訪れた方は「これがお寿司屋さん?」と驚くことでしょう。しかし、丁寧な仕事が光るお寿司は地元のみならず県外から訪れる観光客からも評判です。

吉兆はお寿司の他お刺身などの一品料理も豊富。また、ランチタイムには千円代のお得なセットもあります。お好みのお寿司も1個100円から握ってくれるので、お寿司好きの方はぜひ訪れてみてください。

アクセス情報
住所:神奈川県三浦郡葉山町一色2157
電話番号:046-876-1880
営業時間:ランチ 11~15時・ディナー 17~22時
定休日:水曜日・第三木曜日(祭日は営業)
交通案内:JR逗子駅から長者ケ崎・長井行きバス乗車。旧役場下車すぐ

プリンショップ&カフェマーロウ

1984年創業の神奈川を代表するプリンショップです。昔ながらのしっかりと食べごたえがあるスタンダードなカスタードプリンから、季節限定のプリンまでいろいろなプリンが販売されています。

テイクアウトだけでなく、店内で自慢のプリンや軽食が食べられます。特におすすめなのは、野菜がたっぷりと入ったキッシュです。地元産のトマトやズッキーニがふんだんに使われたボリュームたっぷりのもので、ランチ代わりにもなります。

アクセス情報
住所:神奈川県三浦郡葉山町堀内2038-10
電話番号:046-875-0412
営業時間:11~18時30分(テイクアウトは19時まで)
定休日:不定休
交通案内:横須賀線「逗子駅」下車、2番バス停より乗車後「長柄交差点バス停」下車、徒歩約20分
駐車場:あり
公式サイトhttp://www.marlowe1984.com/shop/

勇しげ

葉山名物の生シラスをたっぷりと使った生シラス丼が食べられるお店。勇しげは網元直営のため、お手ごろ価格で生シラスをたっぷり食べられると地元でも評判です。生シラス丼のほかに釜揚げシラス丼や両方を味わえる二色丼などもあります。

生シラスは新鮮さが命のため、天候によっては入荷がない場合も・・・。しかし、そんな日でも心配はいりません。海鮮丼やマグロのカマ焼きなど、シラス以外にも海の幸を堪能できるメニューはたくさんあります。

勇しげは大変人気があるため、ゴールデンウィークなど繁忙期はメニューが生シラス丼と釜揚げシラス丼だけになる可能性もあります。いろいろなメニューを食べたいという方は、繁忙期を避けて訪れてみてください。

アクセス情報
住所:神奈川県三浦郡葉山町一色2511-80
電話番号:046-876-1224
営業時間:11時30分~15時(ラストオーダー14時30分)
定休日:木曜日
交通案内:JR横須賀線「逗子」駅または京浜急行線「新逗子」下車、駅前から「海岸周り葉山行き」バスに乗り「芝崎」で下車し、徒歩2分
駐車場:4台
公式サイトhttp://www.yushigemaru.co.jp/yushige/

03. 葉山周辺で開催の
一押しイベント情報

葉山は落ちついた大人の街ですが、イベントが開催されれば多くの方が来場して盛り上がります。ここでは、葉山で開催されるイベントの中でも特におすすめのものをご紹介しましょう。

葉山海岸花火大会

毎年7月下旬に開催される伝統ある花火大会です。天気が良ければ、夕暮れの富士山をバックに花火が打ちあがるのを見ることができるでしょう。また、水中花火と打ち上げ花火のコラボレーションも名物になっています。

花火大会の会場は森田海岸です。海水浴客向けの駐車場も多いですが、当日は大渋滞が予想されます。可能な限り公共交通機関を利用してください。

イベント情報
会場:森戸海岸沖及び一色海岸防波堤(見学は森戸海岸で行ってください)
会場住所:神奈川県三浦郡葉山町堀内
開催時期:毎年7月下旬
交通案内:JR逗子駅・京急新逗子駅前より「葉山(逗12)」「葉山町福祉文化会館(逗11)」乗車、「森戸海岸」下車すぐ
お問い合せ:葉山町役場 産業振興課(046-876-1111)

04. 葉山観光の
役立ちサイト一覧

葉山観光を計画中の方に役立つサイトをいくつかまとめました。スポット別の口コミや最新ニュースなど、旅行前に知っておきたい情報が掲載されていますので、ぜひチェックしてみてください。

トラベルjp「たびねす」
旅行ガイドメディア「たびねず」の逗子・葉山エリア紹介ページです。ナビゲーターによる観光地のおすすめスポットやレビューが多数掲載されています。実際に行かなければわからない情報が満載です。

フォートラベル

旅行のクチコミ比較サイト、フォートラベルの逗子・葉山ページです。葉山の人気観光地ランキングが掲載され、それぞれの口コミも見ることができます。写真も豊富なので、旅行前に雰囲気を知りたいというときにもピッタリです。

05. 葉山
まとめ

いかがでしたか?この記事では、葉山の見どころやおすすめスポット・ランチ情報など、観光に役立つ情報をまとめてお届けしました。自然に囲まれた葉山は日ごろの疲れを癒すにはピッタリの観光地です。ぜひ、この記事を参考にして葉山観光を楽しんでください。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所