萬福寺
?評価について

京都 萬福寺
普茶料理も味わえる
明朝様式の寺院

京都府宇治市にある萬福寺は、江戸時代初期に建立された黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山です。黄檗宗は禅宗の一つで、1654年に明(中国)から来日した隠元隆琦(いんげんりゅうき)によって開宗されました。境内の建物はすべて中国風に造られており、他の寺院とは一風変わった雰囲気です。精進料理の一種である普茶料理(ふちゃりょうり)を食べることができる寺院としても知られています。

この記事では、萬福寺の魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 明の文化が残る
寺院の歴史

境内(萬福寺)

境内

萬福寺は、1661年に黄檗宗を日本に伝えた隠元隆琦(いんげんりゅうぎ)によって開創されました。隠元禅師は明(中国)の生まれで、臨済宗の高僧だったと伝えられています。日本からのたび重なる招きに応じて、1654年に来日しました。この時、隠元禅師は禅の教えだけでなく、建築や印刷の技術・美術・普茶料理・インゲン豆やレンコンなどの野菜を日本に伝えます。隠元禅師の教えは臨済宗として受け入れられましたが、その後幕府の政策によって黄檗宗(おうばくしゅう)という独立した宗派になりました。

来日当初、3年で帰国する予定だった隠元禅師は、萬福寺を開創したことによって日本で一生を終える決心をします。隠元禅師亡き後も萬福寺は中国様式の建物や生活様式を変えることはありませんでした。現在は、珍しい中国様式の伽藍が見学でき、普茶料理を味わえる寺院として毎日大勢の方が訪れています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所