花見小路
?評価について

京都 花見小路
祇園の中心を貫く
見どころ豊富で風雅な小路

花見小路は、北は三条通りから南は建仁寺まで通じている約1キロの小路です。祇園をはじめとする東山区の歓楽街を貫いており、小路の周辺には寺社仏閣やお茶屋のような京都らしいものから、バーや居酒屋までいろいろな施設や店舗が立ち並んでいます。通りを散策するだけでも楽しめるので、1日中人通りが絶えることはありません。

この記事では、花見小路の見どころや魅力・周辺の観光施設・グルメスポットなどをご紹介しましょう。

01. 歓楽街を貫く
花見小路の歴史

夜の花見小路(花見小路)

夜の花見小路

花見小路は、明治初期に開発された道です。この頃、建仁寺の寺領一部が自治体のものになり、それにともなって交通の便を良くするために作られました。その後、1949年(昭和24年)には道の幅を広くする工事が行われています。

2001年(平成13年)には京都の景観を守るために電線が地中に埋められ、アスファルト敷きだった道に石畳が敷かれました。これによって、より京都らしい風情を取り戻し、現在も観光客に人気の通りとなっています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所