箱根駅伝ミュージアム
?評価について

箱根駅伝ミュージアム
箱根駅伝のすべてが分かる
ファン必見の博物館

箱根駅伝ミュージアムは箱根町の芦ノ湖畔にある博物館で、箱根駅伝の歴史やエピソードなどをテーマにした箱根ならでは観光施設です。1920年から始まった箱根駅伝は、今や正月の風物詩的な大会となり、語り継がれるエピソードも数多く生まれています。ミュージアムには、箱根駅伝に関するアイテムや写真・記録やエピソード・映像などが展示されており、駅伝ファンなら楽しめること間違いなしです。

この記事では、箱根駅伝ミュージアムの魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 箱根駅伝への
理解を深める

ミュージアムの展示フロアには、箱根駅伝の歴史やエピソードに関する資料や優勝杯・タスキなどのグッズが数多く展示されています。箱根駅伝への理解が深まるだけでなく、箱根駅伝が陸上アスリート育成のために担ってきた役割も分かる展示内容です。文章だけでなく写真をふんだんに使っていますので、子どもから大人まで楽しめます。

展示フロアの一角にある映像シアターでは往年の名勝負を見ることができ、感動を再び味わえると来館者に好評です。館内にはデータ検索システムもあり、第一回大会からの様々な記録を検索できます。気になる選手がいる方は、ここで検索してみてもいいですね。

ミュージアムでは、定期的に職員によるヒストリーツアーが行われています。所要時間は約20分。展示品についての説明だけでなく、それにまつわるエピソードなども紹介してくれます。箱根駅伝のことをより詳しく知りたいという方におすすめです。

ミュージアムのすぐ外は駅伝のコースですから、見学した後に選手になった気分で少し走ってみるのもいいですね。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所