白糸の滝
?評価について

富士宮 白糸の滝
世界遺産にも指定された
美しい滝

静岡県富士宮市にある白糸の滝は、富士山の地下水が湧き水となって流れ出ている水量豊富な滝です。白糸の滝が観光地として広く知られるようになったのは明治時代に入ってからです。1936年(昭和11年)には国の名勝に指定され、1950年(昭和25年)には観光百選滝の部、1位にも選ばれています。2013年(平成25年)には世界遺産に登録され、現在は海外にもその美しさが知られるほどの人気スポットです。

この記事では、白糸の滝の魅力や見どころ・アクセス方法から周辺のイベント・グルメ情報までをご紹介します。

01. 修行の場だった
白糸の滝の歴史

滝壺(白糸の滝)

水しぶきが舞い散る滝つぼ

白糸の滝が人々に知られるようになったのは、戦国時代末期から江戸時代初期の頃です。その頃の富士山は信仰の対象で、多くの修験者が修行のために富士山周辺を訪れていました。

この頃、白糸の滝で修行を行っていたのが、富士山を信仰する民間信仰、富士講を立ち上げた長谷川行角(はせがわぎょうかく)です。そのため、江戸時代の間、富士講の人々が修行の場として知られるようになりました。

滝見橋(白糸の滝)

滝見橋

白糸の滝が観光地になったのは、1936年(昭和11年)に国の名勝に指定されてからです。これ以降、白糸の滝を訪れる人々は年を追うごとに増え、その美しさも日本中に広まりました。1950年(昭和25年)には観光百選滝の部で1位、1991年(平成2年)には日本の滝百選に選定されています。2013年には、富士山信仰の対象と芸術の源泉の構成資産の一つとして世界文化遺産に登録されました。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所