瑞泉寺
?評価について

鎌倉 瑞泉寺
夢想国師作の庭園が名高い
関東十刹の一位の寺院

金沢街道沿いにある瑞泉寺は1327年、夢想疎石によって建立された寺院です。夢想疎石は鎌倉時代末期から南北朝時代前期にかけて活躍し、京都の天龍寺なども建立しました。夢想疎石が作ったという仏殿背後の庭園は1970年(昭和45年)に発掘・復元されて国の名勝に指定されています。

今回は、瑞泉寺の魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 室町時代に栄た
寺院の歴史

境内(瑞泉寺)

可憐な花が咲く境内

1327年、瑞泉寺は夢想疎石によって建立されました。山号の錦屏山は、寺院の三方を囲む山が秋になると紅葉して錦の屏風のように見えることに由来します。夢想疎石は足利尊氏や後醍醐天皇も帰依した徳が高い僧侶で、寺院は初代鎌倉公方・足利基氏(足利尊氏の4男)によって関東十刹の第一位に認められました。これは、鎌倉五山に次ぐ高い格式です。

瑞泉寺は足利基氏以降の足利家の菩提寺となり、室町時代に大いに栄えました。その後、かつての勢いは失われてしまいましたが、荒廃したり廃寺になることはなく、現在まで人々の信仰を集めています。1970年(昭和45年)に夢想疎石作の仏殿背後の庭園が発掘・復元され、鎌倉期唯一の庭園として国の名勝に指定されました。

02. 景勝地でもある
寺院の魅力

秋の瑞泉寺(瑞泉寺)

秋の瑞泉寺

瑞泉寺は紅葉ヶ谷と呼ばれていた風光明媚な場所に建立されました。今でも11月下旬になると、寺院の周囲の山は見事な紅葉が見られます。

寺院の周囲だけでなく、境内にも樹木や植物が豊富です。梅や水仙・モミジなど四季折々の美しさを感じられる植物が植えられています。華やかな花と歴史の風格を感じさせる境内の建物の組み合わせは一見の価値ありです。

美しさにもいろいろな種類があります。瑞泉寺で感じられるのは落ちついた静かな美しさです。境内を見て回っているうちに気持ちが落ちついて穏やかな気分になれます。

03. 名古刹の
見どころ

関東十刹の一つに選ばれた瑞泉寺の境内には見どころが豊富です。ここでは、その中でも特に一押しをご紹介しましょう。

緑に囲まれた山門

山門(瑞泉寺)

山門

瑞泉寺の山門は総門をくぐり、石畳が美しい階段を上った先にあります。周囲にはモミジをはじめとした樹木が豊富で、春から夏にかけては深緑が美しく秋には紅葉が見事です。石畳の端には苔が育成していて、初夏になると鮮やかな緑が楽しめます。この山門へと続く道は途中男坂と女坂に分かれていますが、現在は男坂の方に立ち入ることはできません。

風情がある錦屏晩鐘

錦屏晩鐘(瑞泉寺)

錦屏晩鐘

錦屏晩鐘は瑞泉寺の鐘楼です。山門のすぐ脇にあり、鐘楼の傍らには錦屏晩鐘と刻まれた碑がたっています。鐘楼の側には築山があり、そこにあるのがむじな塚です。夢想疎石の説法を聞きに寺に集まってきた動物たちを葬ったと伝えられていて、かわいらしいたぬきの石仏が置かれています。

意外なつながり 吉田松陰留跡碑

吉田松陰留跡碑は1929年に建立され、刻まれた文字は思想家・徳富蘇峰の筆によるものです。吉田松陰は幕末の思想家で、松下村塾を開いたことで知られています。吉田松陰の伯父はこの寺院で住職を務めてきました。1854年にアメリカへの密航を計画した吉田松蔭は、計画実行の前に伯父に会いにきたと伝えられています。密航に失敗した彼は獄中で瑞泉寺にまつわる歌を詠みました。

花に囲まれた本堂

本堂(瑞泉寺)

本堂

現在の本堂は1975年に再建されたものです。堂内には南北朝時代に作られ、重要文化財にも指定されている夢窓疎石坐像と、徳川光圀が寄贈した木造の千手観音菩薩坐像が安置されています。

堂の側に植えられている冬桜とロウバイは、鎌倉市の天然記念物に指定されている名木です。毎年2月上旬頃になると美しい花が楽しめます。

非公開 名勝瑞泉寺庭園

庭園(瑞泉寺)

名勝瑞泉寺庭園

瑞泉寺庭園は、鎌倉石の岩盤を彫刻的な手法によって造られた岩庭です。書院庭園のさきがけをなすもので、美しいだけでなく高い歴史的な価値があります。現在、庭園内は一般公開はされていません。公式サイトには庭園の一部の写真が掲載されています。

人工の洞窟 天女洞

天女洞(瑞泉寺)

天女洞

瑞泉寺庭園には、山肌の岩盤を削って作られた人工の洞窟がいくつもあいています。その中で最も大きな物が天女洞です。内部に入ることはできませんが、天女洞前に作られた池の向こうから姿を臨むことはできます。

この洞窟は水月観という仏道修行を行うために造られました。天女洞の東側には、坐禅を行うために作られた坐禅窟・葆光窟があります。

周囲の景色を利用した徧界一覧亭

現在非公開の徧界一覧亭は、錦屏山の山頂に作られた見晴らしの良い場所に建てられた小亭です。小亭からは鶴ヶ岡から鎌倉周囲の山並みの他右手には霊峰富士、その下には相模湾が望めます。夢想疎石の作庭の腕がいかんなく発揮された場所です。

04. 瑞泉寺
アクセス情報

住所:神奈川県鎌倉市二階堂710
電話番号:467-22-1191
拝観時間:9~17時
拝観料:大人200円 子ども100円
駐車場:あり(10台)
交通案内:JR横須賀線鎌倉駅から鎌倉宮行き乗車、終点下車、徒歩8分
公式サイトhttp://www.kamakura-zuisenji.or.jp

瑞泉寺

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所