清澄庭園
?評価について

東京 清澄庭園
四季折々の自然が楽しめる
下町の名勝

清澄庭園は、東京の深川にある都立庭園です。この公園は明治時代、三井財閥の創業者である岩崎弥太郎氏によって造園されました。当時は、社員の慰安や来客の接待に使われたといわれています。昭和初期に岩崎家が公園の一部を都に寄贈したことによって都立庭園となりました。現在の形になったのは1977年(昭和52年)のことで、今では都民の憩いの場として親しまれています。

この記事では、清澄庭園の見どころや魅力・アクセス方法などをご紹介しましょう。

01. 元は豪商の邸宅
清澄公園の歴史

中の島と涼亭(清澄庭園)

中の島と涼亭

清澄公園は、もともと紀伊国屋文左衛門(きのくにやぶんざえもん)の屋敷があった場所だといわれています。紀伊国屋文左衛門は江戸時代初期の頃に活躍した材木商人で、和歌山からミカンを江戸へ運んで財を成した逸話が有名です。

江戸時代中期になると、この場所は下総関宿藩主であった久世氏の下屋敷になりました。この時期に庭園の基礎ができたということです。しかし、江戸時代が終わると邸宅は住む人もなく荒れ果ててしまいました。

1878年(明治11年)、三井財閥の創業者である岩崎弥太郎がこの邸宅跡地を買い取り、社員の慰安と来客の接待を目的に回遊式の庭園を造ります。岩崎氏は隅田川の水を庭園内に引き込み、庭園内の西側にはジョアン・コンドル氏設計による洋館を建立させました。

1923年(大正12年)に関東大震災が発生し、洋館は倒壊します。しかし、その一方で広大な庭園は深川在住の人々の避難所となり、多くの人命が救われました。その後、三井財閥は庭園の東半分を東京都に公園用地として寄贈します。

1932年(昭和7年)、東京都は寄贈された地に深川図書館の新館舎を建て、清澄庭園として一般開放しました。その後、1973年(昭和48年)には残された西半分も買い取り、1977年(昭和52年)にはその場所も整備して追加開園します。

現在、清澄庭園は都の名勝に指定され、四季折々の自然に親しめる名園として親しまれる憩いの場です。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所