清澄庭園
?評価について

東京 清澄庭園
四季折々の自然が楽しめる
下町の名勝

清澄庭園は、東京の深川にある都立庭園です。この公園は明治時代、三井財閥の創業者である岩崎弥太郎氏によって造園されました。当時は、社員の慰安や来客の接待に使われたといわれています。昭和初期に岩崎家が公園の一部を都に寄贈したことによって都立庭園となりました。現在の形になったのは1977年(昭和52年)のことで、今では都民の憩いの場として親しまれています。

この記事では、清澄庭園の見どころや魅力・アクセス方法などをご紹介しましょう。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所