河口湖遊覧船 アンソレイユ号
?評価について

河口湖遊覧船アンソレイユ号
船上から逆さ富士が眺められる
遊覧船

河口湖遊覧船アンソレイユ号は、河口湖を巡る遊覧船です。乗船時間は約20分。南仏のレイクリゾートをイメージして作られた船からは雄大な富士山や湖畔の美しい景色が楽しめます。河口湖は逆さ富士の名所としても有名です。条件がよければ船上から逆さ富士が楽しめます。

今回は、河口湖遊覧船アンソレイユ号の魅力や見どころ、運行時間や運賃などをご紹介しましょう。

01. 逆さ富士を
楽しむ

逆さ富士(河口湖遊覧船 アンソレイユ号)

河口湖から眺める逆さ富士

逆さ富士とは湖面に映る富士山です。河口湖は逆さ富士が見られやすい場所として知られ、これを目当てに湖を訪れる方もたくさんいます。船上から眺める逆さ富士はすそ野まではっきりと見えると評判です。

逆さ富士はよく晴れた風のない日に見えやすいので、晴天の日が多い夏場は他の季節に比べると望める日がたくさんあります。遊覧船には360度絶景が楽しめる展望席が設置されていますから、そこから逆さ富士を観賞するのがおすすめです。この他、河口湖大橋の下をくぐるため、橋の裏側という珍しい光景も見られます。

02. 船上から
夕日を望む

夜景(河口湖遊覧船 アンソレイユ号)

アンソレイユ号から見る夜景

アンソレイユ号では、8月の土日祝日にサンセット&ナイトクルーズを行っています。出航は18時・19時20分・20時の3回。河口湖周辺を観光し、最後に遊覧船に乗るのもおすすめです。天気が良ければ山肌があかね色に染まる富士山が望めます。

日が沈むと湖畔のペンションやホテルに灯りがともり、幻想的な美しさです。船自体もライトアップされるので、湖畔から見るときれいな光が動いているように見えます。夕日や夜景を写真撮影するのもいいですね。

03. 待合室の
見どころ

アンソレイユ号の乗船場には、待合室が設置されています。天気が悪い日や肌寒い日も快適に乗船待ちができる場所です。室内には、昭和初期の河口湖の様子が写された写真が展示されています。河口湖の観光の歴史が分かる貴重な写真です。

この他、アイスクリームや軽食の自販機も設置されています。待合室で食べてもいいですし、船上での飲食も可能です。

04. 河口湖遊覧船
アクセス情報

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津4034
電話番号:0555-72-0029
運行時間:9~17時30分(季節により変動あり)
運賃:大人930円・子ども470円
休航日:なし
駐車場:あり
交通案内:富士急河口湖駅からレトロ周遊バス乗車、河口湖遊覧船前下車、徒歩すぐ
公式サイトhttp://www.fujigokokisen.jp/contents/ensoleille/

河口湖遊覧船

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所