江の島岩屋(江ノ島)
?評価について

江の島 岩屋
波の浸食によって造られた
江の島弁財天信仰発祥の洞窟

江の島 岩屋は、波の浸食によって江の島の南西岸にできた天然洞窟です。江の島弁財天信仰の発祥地といわれ、弘法大師空海や日蓮といった高僧が修行をしたと伝えられています。奥行き152mの第一岩屋と奥行き56mの第二岩屋の2つがあり、現在は江の島の人気観光スポットです。

今回は、江の島 岩屋の見どころや魅力をご紹介しましょう。

01. 信仰の軌跡を
見学する

信仰の遺物(江の島 岩屋)

岩屋の中には様々な信仰の遺物が

岩屋の中には、江島神社発祥の地とされる古い石の祠をはじめとした信仰の遺物が残され、伝説も数多く伝わっています。特に、有名な伝説が以下の二つです。

  • 第一岩屋の奥が富士山の人穴に通じているという伝説。
  • 鎌倉幕府初代執権、北条時頼が岩屋に籠って子孫繁栄を願ったところ、弁財天が現れて願いを聞き届け、大蛇(龍)となって姿を消したという伝説。

洞窟内は見学しやすいように整備され、遺物には説明書きがありますので、時間をかけて回るのがおすすめです。訪れる前に岩屋にまつわる伝説を調べておくとより見学が楽しめます。

光や音による演出が行われている他、手燭(ろうそく)による見学も受け付けているので、より雰囲気を味わいたい方におすすめです。ただし、手燭による見学は混雑時には中止されます。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所