東慶寺
?評価について

北鎌倉 東慶寺
多くの女性を救ってきた
縁切り寺

東慶寺は鎌倉時代、八代執権北条時宗の正室覚山尼によって北鎌倉に開山された寺院です。現在の住職は男性ですが、明治時代までは本山を持たない独立した尼寺でした。皇族の女性や大名の息女が代々住持(住職)を勤めた格式高い寺院です。江戸時代は、群馬の満徳寺と共に女性の離婚を支援する縁切り寺の役割を担いました。

今回は、東慶寺の魅力や見どころをご紹介します。

01. 女性を救い続けた
寺院の歴史

東慶寺は江戸時代、現在よりもずっと立場が弱かった女性たちを救い続けてきました。ここでは、そんな東慶寺の歴史をご紹介します。

開山から江戸時代までの歴史

鎌倉街道から山門を見上げる(東慶寺)

鎌倉街道から山門を見上げる

東慶寺は覚山尼によって開山されて以来、執権・将軍の妻女や皇族の女性など位の高い方々が住持(住職)になってきました。そのため、住持は御所様と呼ばれ、寺領(寺の領地)も広かったと伝えられています。

住持を勤めた女性の中で特に有名なのが天秀尼です。天秀尼は豊臣秀頼の娘で徳川家康の息女千姫の養女でした。彼女は7歳で東慶寺に入り、二十世住持になります。

1639年に会津騒動が起きた際、東慶寺に逃げてきた掘主水の妻子をかくまって引き渡しの要求にも断固として応じませんでした。天秀尼の働きにより、妻子の命は助かります。東慶寺が縁切り寺の役目を担いはじめたのはもう少し後のことですが、この頃から立場の弱い女性を助けていたことがわかる逸話です。

江戸時代以降の歴史

境内(東慶寺)

境内

江戸時代になると、東慶寺は夫の横暴に苦しむ女性の避難所となります。この時代女性から離婚を申し出ることはできませんでしたが、縁切り寺に逃げ込めば離婚を申し込めました。この頃の東慶寺には寺役所があり、妻の言い分と夫の言い分を聞いて教義の上離婚を成立させたと伝えられています。

東慶寺は縁切り寺の役目を明治時代まで担い続けました。明治になると東慶寺は寺領のほとんどを政府に没収され、尼寺としての役割も終えます。その後、現在まで男性が住持を勤めるようになりました。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所