東山花灯路(京都東山)
?評価について

京都・東山花灯路
灯りと生け花が作り出す
幻想的な光のイベント

京都・東山花灯路(ひがしやまはなとうろ)は、毎年3月中旬に開催される灯と生け花のイベントです。北は青蓮院から南は円山公園八坂神社まで、約5キロの散策路が2,500基の灯りと生け花で彩られます。2016年で16回目を数える京都早春の人気イベントです。

この記事では、東山花灯路の魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 灯が作る
美しさを楽しむ

八坂通りから八坂の塔を望む(東山花灯路)

八坂通りから八坂の塔を望む

東山花灯路では、路地行灯(ろじあんどん)をはじめとする様々な灯りが会場を彩ります。会場の一部である八坂通り二寧坂産寧坂ねねの道などは昼間でも風情がありますが、趣向をこらした灯りに照らされると昼間とは違った美しさです。

円山公園の小川には、幽玄の川と名付けられた灯りアートが登場します。何百もの青竹製の灯ろうが並ぶ光景はとても幻想的で、一見の価値ありです。

これ以外にも、会場には様々な灯りアートを見ることができます。会場は広いので、歩きやすく暖かい格好をし、時間をかけて見て回るのがおすすめです。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所