本能寺
?評価について

京都 本能寺
織田信長が最後を迎えた
歴史的にも有名な寺院

本能寺は、京都市中京区にある法華宗本門流の大本山です。戦国武将である織田信長が自害した寺院としても広く知られています。現在の本能寺は1928年(昭和3年)に再建されたものです。境内には信長公廊があり、織田木瓜(おだもっこう)や真田家の紋でもある結び雁金紋いりのお守りなども授与してもらえます。

この記事では、本能寺の魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 再建を重ねた
本能寺の歴史

境内(本能寺)

本能寺の境内

本能寺は、1415年に日隆上人(にちりゅうしょうにん)によって建立されました。創建当初は本応寺と称していましたが、1433年に六角大宮という場所に移転した際に本能寺と改められます。

1545年に油小路蛸薬師(あぶらのこうじたこやくし)に移転し、広大な敷地を持つ大寺院になりました。織田信長が明智光秀に討たれたのは、この油小路蛸薬師の地にあったときのことです。

1582年に本能寺の変が起こり、寺院の伽藍と周辺の宿坊などはすべて焼失してしまいました。豊臣秀吉の都市計画により現在の地に移転したのは1589年のことです。

江戸時代には法華宗本門流の大本山として寺院は再び栄えましたが、江戸時代後期に起こった天明・元治の大火災によって伽藍は再び焼失してしまいました。

織田信長の墓(本能寺)

織田信長の墓

1928年(昭和3年)に本堂が再興され、現在に至ります。戦国武将屈指の人気を誇る織田信長ゆかりの寺院ということで、今でも参拝者が絶えません。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所