旧華頂宮邸
?評価について

旧華頂宮邸
フランス式庭園が美しい
鎌倉三大洋館の一つ

旧華頂宮邸は、金沢街道付近に位置する1929年に華頂宮博信侯爵邸として建てられた洋風住宅(洋館)です。国の登録有形文化財と市の景観重要建築物等に指定されています。1996年に鎌倉市が土地と建物を取得し、庭園部分が一般公開されるようになりました。毎年春と秋に公開される建物は、戦前の洋風住宅建築物としては鎌倉文学館に次ぐ規模です。鎌倉文学館・古河邸と共に、鎌倉三大洋館の一つにもなっています。

ここでは、旧華頂宮邸の魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 幾何学的な
フランス式庭園

フランス式庭園(旧華頂宮邸)

常時公開されているフランス式庭園

旧華頂宮邸の中で常時公開されているのは邸宅前の庭園だけです。フランス式庭園は幾何学的に池や樹木を配置し、左右対称に造園します。整然とした美しさが感じられる場所です。

散策は自由ですが、芝生の中に立ち入ることはできません。洋館をバックに写真撮影するのがおすすめです。庭園内にはバラやアジサイが植えられていますので、開花時期に合わせて訪れると美しい花も楽しめます。

庭園の周囲は高い樹木に囲まれていて、森の中の広場にいるような感じです。ゆっくり散策していると気分が落ちついてストレス解消効果が期待できます。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所