旧華頂宮邸
?評価について

旧華頂宮邸
フランス式庭園が美しい
鎌倉三大洋館の一つ

旧華頂宮邸は、金沢街道付近に位置する1929年に華頂宮博信侯爵邸として建てられた洋風住宅(洋館)です。国の登録有形文化財と市の景観重要建築物等に指定されています。1996年に鎌倉市が土地と建物を取得し、庭園部分が一般公開されるようになりました。毎年春と秋に公開される建物は、戦前の洋風住宅建築物としては鎌倉文学館に次ぐ規模です。鎌倉文学館・古河邸と共に、鎌倉三大洋館の一つにもなっています。

ここでは、旧華頂宮邸の魅力や見どころをご紹介しましょう。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所