新薬師寺
?評価について

奈良 新薬師寺
国宝の十二神将が鎮座する
こぢんまりとした寺院

新薬師寺は、奈良公園のはずれ、東大寺のちょうど反対側に位置する華厳宗の寺院です。薬師寺といえば奈良市西ノ京町にある薬師寺が有名ですが、この寺院と直接の関係はありません。新薬師寺の「新」は霊験あらたかなという意味で、寺院の歴史は奈良時代にまで遡ります。国宝に指定されている本堂の中には、同じく国宝に指定されている薬師如来像・十二神将が安置されています。

この記事では、新薬師寺の魅力や見どころ・歴史・アクセス方法などをご紹介しましょう。

01. 昔は大寺院だった
新薬師寺の歴史

境内(新薬師寺)

境内

新薬師寺の創建は8世紀頃であるということはわかっているものの、創建者や由来は諸説あってはっきりとは分かっていません。寺伝によると光明皇后が聖武天皇の病気平癒(病が治ること)を祈願して建立したということです。しかし、一方では聖武天皇が光明皇后の病気平癒を願って建立したという説もあります。

創建当初、新薬師寺は金堂や東塔・西塔などの七代伽藍を備えた大寺院でした。奈良時代には南都十大寺の一つにも数えられています。本尊は七体の薬師如来で、通称七物薬師と呼ばれるものです。脇侍の日光・月光菩薩も七体ずつ作られ、これに十二神将が加わって計23体もの仏像が本堂に安置されました。

しかし、780年、落雷によって西塔が炎上。962年には台風の影響で金堂を始めとする大部分の堂宇が倒壊します。現在の本堂は奈良時代に造られたものですが、元は僧侶たちが修行をする食堂(じきどう)であったと推測されてます。

度重なる自然災害ですっかり衰退してしまった新薬師寺ですが、鎌倉時代に華厳宗中興の祖といわれる明恵上人(みょうえじょうにん)の入寺によって再興されました。本堂以外の堂宇は、すべて鎌倉時代に再興されたものです。

江戸時代には薬師如来信仰が盛んになり、祈祷所として多くの方々が参拝するようになりました。現在では、国宝の十二神将が一度に見学できる寺院として広く知られています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所