新倉山浅間公園(忍野八海)
?評価について

富士吉田 新倉山浅間公園
富士山と桜のビュースポットは
海外でも有名

朝倉山浅間公園は、忍野八海河口湖の中間地点にある富士山と桜を一緒に望める公園です。園内には五重塔(忠霊塔)があり、この塔と桜・富士山が一緒に写った写真は海外でもよく知られています。これほど美しい場所なのに知名度は今一つなため、いつ訪れても比較的ゆっくりと絶景を楽しめる場所です。

今回は、新倉山浅間公園の魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 桜と富士山の
絶景を楽しむ

新倉山浅間公園

富士山・桜・五重塔を一緒に撮影出来る

富士山と桜はどちらも日本を代表するものです。公園からはその両方を一緒に望めます。特に、富士吉田市のシンボルである五重塔付近からの眺めはすばらしく、写真撮影にも絶好の場所です。

富士山・桜・五重塔を一緒に写した写真は海外でも有名で、「世界中のカメラマンが死ぬ前に訪れなければならない21の場所」の一つに選ばれています。日本を紹介するガイドブックに公園の写真を掲載している国も多く、外国人の観光客にも人気の公園です。

富士山と桜・五重塔を一緒に眺めたり写真を撮ったりしたい場合はふもとから400段近い階段を上り、さらに足場の悪い斜面を登る必要があります。足元を調えて行くのがおすすめです。

02. 夜桜を
観賞する

ライトアップ(新倉山浅間公園)

ライトアップされた新倉山浅間公園

毎年桜が満開の時期になると、公園ではさくら祭りが行われます。お神楽奉納などと共にライトアップも行われるので、昼の桜だけでなく夜桜見物もおすすめです。

夜になると富士山は見えなくなりますが、その代わり富士吉田市の夜景が楽しめます。夜景と夜桜を写真撮影するのもいいですね。時間に余裕がある方は夕刻から公園を訪れると、夜桜の前に夕日に染まる富士山が望めます。

03. 紅葉や深緑を
堪能する

秋(新倉山浅間公園)

紅葉の季節の新倉山浅間公園

桜の美しさで名高い新倉山浅間公園ですが、他の季節もそれぞれの美しさがあります。特に、紅葉の季節は数ある紅葉の名所にも引けを取らないすばらしさです。夏は深緑と五重塔と富士山、冬はうっすらと雪化粧をした五重塔と富士山の組合せが楽しめます。公園は24時間出入り自由なので、朝や夕刻の景色を楽しむのもおすすめです。

公園の入り口には富士浅間神社がありますので、お正月は初詣を済ませてから富士山を望みに公園を訪れる方もたくさんいます。

04. 新倉山浅間公園
アクセス情報

住所:山梨県富士吉田市新倉3620下吉田駅北側
駐車場:あり(120台)
交通案内:富士急行線下吉田駅から徒歩10分

新倉山浅間公園

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所