成川美術館
?評価について

成川美術館
一幅の絵画のような眺望と
日本画の魅力に出合う

成川美術館は現代日本画専門の美術館です。収蔵作品は、平山郁夫や加山又造のような巨匠から若手実力派まで4,000点以上。美術館は芦ノ湖を見下ろす高台に建っているため、展望もすばらしいものがあります。

今回は、そんな美術館の魅力や特色についてご紹介しましょう。

01. 他では見られない
美術館の特色

成川美術館は展示品だけでなく、芦ノ湖の絶景も楽しめます。ここでは、他の美術館では見られない独自の特徴や魅力をご紹介しましょう。

個性的な作品を多数展示

成川美術館は現代日本画専門の美術館です。平山郁夫や山本丘人といった巨匠の作品が多数収蔵されていることで有名ですが、日本画の未来を担っていく若手画家の作品もたくさん展示されています。個性的な作品も数多く、日本画の無限の可能性が感じられるコンセプトです。

展望も展示の一部

成川美術館は高台に建っているので、芦ノ湖や箱根の山々、富士山などを館内から望むことができます。展望ラウンジも整備されていて、展望も展示の一部のようです。ティーラウンジも窓が大きく取ってあるため、雄大な景色を望みながらティータイムを楽しめます。

02. 展示品以外もある
美術館の見どころ

成川美術館は、展示品以外にも見どころがたくさんあります。ここでは、注目の見どころをご紹介しましょう。

絶景が楽しめる展望ラウンジ

成川美術館の1階には、総長50mの窓を備えた展望ラウンジがあります。そこから見える芦ノ湖や箱根の山々、富士山はまさに絶景です。口コミサイトでも、「展望も一服の絵のようだ」「この景色だけでも見る価値がある」という意見が多数寄せられています。

観賞もできる万華鏡展示コーナー

万華鏡展示コーナーでは、個性あふれる万華鏡が多数展示されています。実際に手に取って観賞することもできるので、筒の中の小宇宙を堪能してください。万華鏡の可能性が感じられます。

夭折の作家石井康治作品展示コーナー

石井康治氏は、鋭い色彩感覚で優れた作品を多数作成したガラス工芸作家です。しかし、これからの活躍が期待された矢先に急逝されました。石井康治作品展示コーナーでは石井康治氏が遺した作品が展示され、その美しさと独特の世界観を堪能することができます。

ティーラウンジ「季節風」の魅力

ティーラウンジ季節風では、芦ノ湖や富士山を見ながら石井康治や三上亮作が作成した美術工芸品の器でお茶を楽しめます。お茶と共に味わいたいのが季節限定の箱根スイーツコレクションです。箱根にあるホテルや旅館・美術館カフェが創意工夫をして作ったスイーツはまさに食べる芸術。ゆっくり味わってください。

思い出を形に ミュージアム・ショップ

成川美術館のミュージアムショップでは、オリジナルグッズのほかに複製画や画集も多数販売されています。1点数千円のものもありますので、気に入った絵画があればぜひ購入してみてください。特に、富士山を描いた絵画は縁起物として贈り物にも最適です。

03. 成川美術館
まとめ

いかがでしたか? 今回は成川美術館の魅力や見どころをご紹介しました。箱根にある観光施設の中ではどちらかといえばマイナーな存在ですが、一度足を運ぶとその魅力の虜になる、という方も多い場所です。年に4回の展示替えがあるので、リピーターもたくさんいます。何度も足を運んでお気に入りの絵を見つけてみませんか?

04. 成川美術館
アクセス情報

住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根570
電話番号:0460-83-6828
営業時間:9~17時
休館日:無休
入館料:大人1,200円 高大生900円 小中学生600円
駐車場:あり
交通情報:元箱根港より徒歩3分
公式サイトhttp://www.narukawamuseum.co.jp/

成川美術館

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所