建仁寺(八坂通り)
?評価について

京都 建仁寺
文化財と美しい庭を有する
京都最古の禅寺

華やかな祇園のすぐ近くにある建仁寺は、臨済宗建仁寺派の大本山であり、京都最古の禅寺です。臨済宗の開祖である栄西禅師によって開山され、京都五山第三位の格式を誇ります。広大な境内には多数の塔頭寺院があり、風神雷神図屏風を始め多くの文化財を所有していることでも有名です。

この記事では、建仁寺の魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 京都最古の禅寺、
建仁寺の歴史

放生池と三門(建仁寺)

放生池と三門

建仁寺は、1202年に臨済宗の開祖栄西によって開山されました。開基は鎌倉幕府二代将軍、源頼家と伝えられています。

栄西は、中国で臨済宗黄龍派(おうりょうは)の虚庵懐敞(きあんえじょう)に教えを請い、臨済宗の教えを日本に伝えた人物です。帰国した栄西は京都に禅寺を作ろうと試みますが、当時の京都は比叡山延暦寺の勢力が強く、禅寺を開くことはかないませんでした。そのため、栄西はまず博多に聖福寺を建立し、次いで鎌倉に寿福寺を建立しました。その後、ようやく悲願であった京都に禅寺を開山します。建仁寺の伽藍は、宋の百丈山をモデルに造られました。

創建当時、建仁寺には真言宗と天台宗、そして禅宗の三つの宗派が置かれたと伝えられています。これは、当時大きな力を持っていた真言宗と天台宗に配慮したためです。1259年に11世住職として宋僧の蘭渓道隆が入山したのをきっかけに、建仁寺はようやく本格的な禅寺になりました。

その後、応仁の乱やその後の戦乱で伽藍が焼失し一時荒廃しましたが、1586年に安国寺恵瓊(あんこくじえけい)によって再興されます。江戸時代には京都五山第三位に任ぜられ、大いに栄えました。現在は「けんにんさん」と呼ばれ、地元の方に親しまれています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所